「トヨタbB」がマイナーチェンジ、表情を変えて新色追加

2008.10.07 自動車ニュース

「トヨタbB」がマイナーチェンジ、表情を変えて新色追加

トヨタ自動車は、「bB」をマイナーチェンジし、2008年10月6日に販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装が変更された。

エクステリアは、標準スタイルと、エアロスタイルのデザインを従来より明確に差別化。標準スタイルは、フロントグリルやフロントバンパー、リアコンビネーションランプなどの形状を変更し、シンプルで親しみやすい外観とした。エアロスタイルは、ブロックメッシュのフロントグリルや、新デザインのアルミホイールを採用するなど、個性的で新鮮さを感じさせるデザインにしたという。

インテリアは、全車のシート表皮デザインを変更。標準スタイルではボディカラーによってシート色にベージュが新設定された。また、運転席・助手席のコンビニフックや、助手席シートバックにファスナー付きポケットが備わった。

ボディカラーは、新色「グレイッシュパープルメタリックオパール」「パールホワイトI」「シャンパンゴールドメタリック」を含む、全10色から選択できる。

Zグレードに「Lパッケージ」が追加されたこともニュース。キーフリーシステムや盗難防止システムをはじめ、専用アルミホイール、本革巻きステアリングホイールなどを装備する。

価格は、FFが137.0万円〜172.5万円、4WDは153.8万円〜187.2万円。

(webCG 依田)

「1.5Z“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:ブラックマイカメタリック)(オプション装着車)
「1.5Z“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:ブラックマイカメタリック)(オプション装着車)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:シャンパンゴールドメタリック)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:シャンパンゴールドメタリック)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:グレイッシュパープルメタリックオパール)(オプション装着車)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:グレイッシュパープルメタリックオパール)(オプション装着車)
「1.3S“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:グレーメタリック)
「1.3S“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:グレーメタリック)

関連キーワード:
bBトヨタbB自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 「ヴィッツ」「86」などのスポーツコンバージョン車が登場 2017.11.21 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月21日、スポーツコンバージョン車「GR」シリーズ4車種を、同年11月27日以降に順次発売すると発表した。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る