第370回:ポルトガルで日産車に乗って考えました……
タクシーに乗ると思わず景気の話をしちゃうワケ

2008.10.07 エッセイ

第370回:ポルトガルで日産車に乗って考えました……タクシーに乗ると思わず景気の話をしちゃうワケ

乗るだけで気持ちが変わる

話はいきなりなんだけど、だいぶ前にポルトガルのリスボンで行われた「NISSAN360」ってイベントがありました。ここで世界の現行日産車に“360度”イッキ乗りするわけで、新型ムラーノやらアメリカでしか売ってないピックアップトラックやら、「インフィニティFX」なんてのに乗ったんだけど、妙に印象に残ったクルマがあったのね。

それはタクシー。日産のタクシー専用車「セドリックセダン」のまんま日本仕様で、黄色ベースのカラーリングから、右ハンドル、例の“行燈”までそのまんまなのが笑えるけど、驚いたのはそれだけじゃない。
初めて運転してみて、あの左リア自動ドアが手動だった!! ってのにビックリ。だからあれだけ狭い道でも、壁にぶつけず絶妙に開けられるんだとわかった。

でも、なによりも驚いたのは自分のメンタリティの変化だ。
白い手袋をはめ、クルマを動かして止め、ドアを開けて仕事仲間のNさんをリアシートに乗せた瞬間、思わず「お客さん、最近景気はどうですか〜」と冗談まじりに言ってしまったのだ。その時俺は、「タクシーに乗った瞬間景気の話をする」のが自分の習性になっていることがわかったし、それが東京だろうがリスボンだろうが変わらないのにも驚いた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』