【スペック】全長×全幅×全高=4750×1925×1705mm/ホイールベース=2820mm/車重=2060kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(269ps/6250rpm、34.6kgm/4500rpm)/価格=650.0万円(テスト車=同じ)

リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗速報】

リンカーン世界の21世紀的解釈 2008.10.06 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
……650.0万円

リンカーンブランドの日本復活第二弾モデルは「MKX」。セダンの乗り心地とRVの走破性を兼ね備えるというプレミアムSUVに試乗した。

クロスオーバーユーティリティビークル

ちょっと前、アメリカ南部を襲ったハリケーン「グスタフ」から避難する人たちの写真を新聞で見たとき、改めて驚いた。ハイウェイを埋め尽くした数百台のクルマたちの大半が高いルーフを持っていたのだ。つまりSUV、ミニバン、ピックアップであり、通常型の乗用車はほとんど見られなかった。
日本でも郊外の大きなショッピングモールなどでは、非乗用車型が圧倒的多数を占めるが、特に今世紀になってから、アメリカを中心に、クルマのメインストリームが大きく変わってきたのを再確認させられるような写真だった。

そんななかでフォード・ジャパンがリンカーンに再び力を入れようとしたとき、「ナビゲーター」に続いて「MKX」を送り出した意図も理解できる。本国では、リモ用や、古くからの顧客用、あるいはオフィシャル用にサルーン系も一応用意されているが、現代のリンカーンの主力は高級SUV、あるいはピックアップであり、そして今回日本導入が開始された「CUV」とメーカーが称するMKXなのである。

CUVとは「Crossover Utility Vehicle(クロスオーバーユーティリティビークル)」の略。“クロス”ないしは同意語の“X”という言葉がクルマの世界で急に生まれ始めたのは10年ぐらい前のデトロイトショーあたりで、ミニバン、SUVと続いた新ジャンルのブームの後に、特に米ビッグスリーを中心に生まれた概念がクロスである。旧来の乗用車と新しいSUV、ミニバン系の間を結ぶもので、オンロード性能や軽快性を重視したSUV、あるいはやや背を高くして内部スペースとオフロード能力も高めた乗用車の類である。

最初はコンセプトカーとしてあらゆるクロスオーバーコンセプトが試みられたが、やがてアメリカのみならずヨーロッパ、日本も含めて、今や世界的な潮流になっているのは周知のとおりだ。現代リンカーンの主力商品も、もはや高級サルーンではなく、SUVやCUVになっている。

今回のMKXはその中でもっとも新しいモデルで、「マツダ・アテンザ」系や「マツダCX-9」などと同系のフォードCD3プラットフォームで開発され、同じコンセプトで先行した「フォード・エッジ」の高級版として2007年からアメリカで販売開始されている。

明るく開放感のある室内。MKXは、「パノラミック・ビスタルーフ」が標準装備。フロントは電動開閉式、リアは固定式。ちなみに本国ではオプション設定だとか。
明るく開放感のある室内。MKXは、「パノラミック・ビスタルーフ」が標準装備。フロントは電動開閉式、リアは固定式。ちなみに本国ではオプション設定だとか。
運転席側のドアに備わる「キーレスエントリーキーパッド」は、設定したユーザーコードを入力すると開錠できる。いわゆるイモビライザーの役割を果たすもの。
運転席側のドアに備わる「キーレスエントリーキーパッド」は、設定したユーザーコードを入力すると開錠できる。いわゆるイモビライザーの役割を果たすもの。
ボディ幅いっぱいにデザインされたLEDテールランプが印象的なリアビュー。コーナーには、ホワイトLEDのバックランプが配される。
ボディ幅いっぱいにデザインされたLEDテールランプが印象的なリアビュー。コーナーには、ホワイトLEDのバックランプが配される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MKXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.5 試乗記 アメリカが誇るフルサイズSUVにもエコの波が到来? 伝統のV8に代えて、新たに3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「リンカーン・ナビゲーター」に試乗。その出来栄えに触れ、最新のダウンサイジングターボにできること、できないこととを確かめた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る