F1マシンが爆走! トヨタ、日本GPプレイベント開催【F1 08 】

2008.10.05 自動車ニュース

F1マシンが爆走! トヨタ、日本GPプレイベント開催

【F1 08 】F1マシンが爆走! トヨタ、日本GPプレイベント開催

トヨタ自動車は2008年10月4日、「“F”COMMUNICATION 2008 トヨタF1カースペシャル走行イベントin MEGA WEB」を開催した。

関谷校長(左から2番目)いわく、スクール時代の一貴は優等生で可夢偉はヤンチャ坊主。「お互いにライバル心が強かったなぁ」。
関谷校長(左から2番目)いわく、スクール時代の一貴は優等生で可夢偉はヤンチャ坊主。「お互いにライバル心が強かったなぁ」。
写真左から、新居章年氏、ティモ・グロック、小林可夢偉。2人のドライバーが観客のなかから10名を抽選。日本GP観戦チケットがその場でプレゼントされた。
写真左から、新居章年氏、ティモ・グロック、小林可夢偉。2人のドライバーが観客のなかから10名を抽選。日本GP観戦チケットがその場でプレゼントされた。

■日本GPは「期待できる」

日本GP開催を一週間後にひかえた週末、トヨタのF1チームにちなんだスペシャルイベントが開かれた。

場所は、東京お台場にあるクルマのテーマパーク、「MEGA WEB(メガウェブ)」。特設会場にはF1ドライバーの中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)と小林可夢偉(パナソニック・トヨタ)が姿を見せ、大勢のファンの前でトークショーを繰り広げた。
そろって、トヨタの若手ドライバー育成スクール(フォーミュラトヨタ・レーシングスクール)出身。校長としてふたりを見守った関谷正徳氏も同席し、その恵まれた才能を評価しつつ「自分たちの進むべき目標をもってがんばってほしい」と激励の言葉を贈った。

後半は、パナソニック・トヨタのドライバー、ティモ・グロックも壇上に迎えられた。
富士でのレースは自身にとって初となるが、「(同じく)初めてだったシンガポールで4位に入ったし、表彰台を狙っていきたい」とヤル気十分。同席したTMG技術コーディネーション担当ディレクターの新居章年氏によれば、“富士対策用エアロ”が持ち込まれるとのことで、そのテストドライバーを務めた可夢偉も「コースのポイントをバランスよくついているので、結果が期待できると思う」と自信をのぞかせた。


F1マシンが爆走! トヨタ、日本GPプレイベント開催【F1 08 】の画像
想像以上の爆音に、思わず耳を押さえるひともチラホラ。
想像以上の爆音に、思わず耳を押さえるひともチラホラ。
トヨタのパーソナルモビリティ「i-REAL」も登場。F1のデモを終えたふたりが、ファンへの挨拶がわりにコース沿いを流してみせた。
トヨタのパーソナルモビリティ「i-REAL」も登場。F1のデモを終えたふたりが、ファンへの挨拶がわりにコース沿いを流してみせた。

■トヨタのフォーミュラ、揃い踏み

トークショーに続いてファンを喜ばせたのが、この日の目玉、F1マシンのデモ走行だ。

まずは、国本雄資(フォーミュラ・トヨタ)と国本京佑(F3)の兄弟によるデモランがファンのココロをプレヒート。続いて小林可夢偉のF1マシンに火が入れられた。
MEGA WEB敷地内の小さな特設コースにも関わらず、ヤンチャと評される可夢偉らしく(?)タイヤスモークも多めにサービス。派手な加速を見せるなど、コースサイドのファンをわかせた。

トリをつとめたのは、やはりグロック。「このコースはバンピーで、シンガポールGPに似てるよ!」と先のレースを思い出したか、こちらも負けじと爆音を上げ、熱いデモランを披露。
興奮さめやらぬ様子のファンに向かって「次はホームグラウンド。応援よろしく」。最後は日本語の「ガンバリマス!」で、お台場での“前夜祭”を締めくくった。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。