BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】

2008.10.03 自動車ニュース

【パリサロン08】BMW、第4の「X」モデルはもう目の前

【パリサロン08】BMW、第4の「X」モデルはもう目の前

2008年10月2日のプレスデーで幕を開けたパリモーターショー(通称パリサロン)において、独BMWは、第4のXモデルとなる「BMW X1」のデザインスタディを公開した。


BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

■増殖するXモデル

1999年の「X5」に始まり、その後、「X3」「X6」とレンジを広げているBMWのXモデル。SUVではなく、SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)、あるいは、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)を名乗る。
オンロード性能の高さを訴えることで、独自のポジションを確立してきたわけだが、そのスタイルをプレミアムコンパクトセグメントに持ち込もうという意欲作が、今回公開された「BMWコンセプトX1」だ。

BMWコンセプトX1は、第4のXモデルとして発売が予定される「BMW X1」のスタディということになるが、発売が1年以内に迫るだけに、コンセプトカーといえども、現実的なスタイリングを見せるのが特徴である。

全長4475mm、全幅1789mm、全高1535mmのボディは、兄貴分のX3よりも108mm短く、ルーフも140mm低いというコンパクトさ。しかし、Xモデルならではの存在感はたっぷりで、高めの地上高に加えて、シルバーのサイドシルやアンダーガード、ルーフレールなどが施されたエクステリアがアクティブなイメージを強調する。

フロントマスクは、丸目4灯ヘッドライト下にフォグランプをマウントするというXモデル共通のデザインを採用。一方、リアデザインは、LEDを用いたL字型のテールランプがBMWらしいハイテックさを演出している。

残念ながら、パワートレインなどのメカニズムについては何の説明もないが、BMWはこのコンセプトX1により、コンパクトクラスならではの機敏さに加えて、SAVとしての実用性や躍動感を提供するのが狙い。プレミアムコンパクトに、さらなる価値を求める人にはうれしい選択となるに違いない。柳の下にはまだたくさんのドジョウが潜んでいるようだ。

(文=生方聡)


BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

関連キーワード:
1シリーズBMWパリモーターショー2008イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る