BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】

2008.10.03 自動車ニュース

【パリサロン08】BMW、第4の「X」モデルはもう目の前

【パリサロン08】BMW、第4の「X」モデルはもう目の前

2008年10月2日のプレスデーで幕を開けたパリモーターショー(通称パリサロン)において、独BMWは、第4のXモデルとなる「BMW X1」のデザインスタディを公開した。


BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

■増殖するXモデル

1999年の「X5」に始まり、その後、「X3」「X6」とレンジを広げているBMWのXモデル。SUVではなく、SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)、あるいは、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)を名乗る。
オンロード性能の高さを訴えることで、独自のポジションを確立してきたわけだが、そのスタイルをプレミアムコンパクトセグメントに持ち込もうという意欲作が、今回公開された「BMWコンセプトX1」だ。

BMWコンセプトX1は、第4のXモデルとして発売が予定される「BMW X1」のスタディということになるが、発売が1年以内に迫るだけに、コンセプトカーといえども、現実的なスタイリングを見せるのが特徴である。

全長4475mm、全幅1789mm、全高1535mmのボディは、兄貴分のX3よりも108mm短く、ルーフも140mm低いというコンパクトさ。しかし、Xモデルならではの存在感はたっぷりで、高めの地上高に加えて、シルバーのサイドシルやアンダーガード、ルーフレールなどが施されたエクステリアがアクティブなイメージを強調する。

フロントマスクは、丸目4灯ヘッドライト下にフォグランプをマウントするというXモデル共通のデザインを採用。一方、リアデザインは、LEDを用いたL字型のテールランプがBMWらしいハイテックさを演出している。

残念ながら、パワートレインなどのメカニズムについては何の説明もないが、BMWはこのコンセプトX1により、コンパクトクラスならではの機敏さに加えて、SAVとしての実用性や躍動感を提供するのが狙い。プレミアムコンパクトに、さらなる価値を求める人にはうれしい選択となるに違いない。柳の下にはまだたくさんのドジョウが潜んでいるようだ。

(文=生方聡)


BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

BMW、第4の「X」モデルはもう目の前【パリサロン08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る