4ドアのランボルギーニ、「エストーケ」誕生 【パリサロン08】

2008.10.03 自動車ニュース

【パリサロン08】4ドアのランボルギーニ、「エストーケ」誕生

伊ランボルギーニは2008年10月1日、4ドアのコンセプトカー「エストーケ」を発表。2日からのパリモーターショー(通称パリサロン)に出展した。

「エストーケ」は、ランボルギーニ史上初となる4ドア4シーターのセダンモデル。いまはまだデザインスタディモデルながら、「ガヤルド」「ムルシエラゴ」とともにラインナップに加わる可能性があるという。

ほかのランボルギーニ車と共通の、直線を基調としたボディのサイズは、全長×全幅×全高=5.15×1.99×1.35m。長いホイールベース(3.01m)が特徴だ。

フロントに搭載されるエンジンは、先に「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4」に用いられた5.2リッターV10ユニット(560ps、55.1kgm)。ほかにターボ付きのV8やディーゼルの搭載も考えられている。駆動方式は4WD。

インテリアには、4つの独立型スポーツシートを配備。高級セダンらしく、リアエンターテイメントシステムを含む高級オーディオも装備する。

「多様性に富む現代人のライフスタイルに完璧にマッチした、日常で使えるスポーツカー」を主張する4ドアの猛牛。今後「ポルシェ・パナメーラ」らと火花を散らすことになるのかもしれない。

(webCG 関)

「ランボルギーニ・エストーケ」
「ランボルギーニ・エストーケ」
560psの心臓はフロントに。ホイールアーチの後ろにはダクトが穿たれる。
560psの心臓はフロントに。ホイールアーチの後ろにはダクトが穿たれる。
荷室は「ゴルフバッグ数個程度を収納できるサイズ」とのこと。
荷室は「ゴルフバッグ数個程度を収納できるサイズ」とのこと。
発表会の様子。傍らにひとが立つと、その大きさが一段と際立つ。
発表会の様子。傍らにひとが立つと、その大きさが一段と際立つ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。