【スペック】S2000 タイプS:全長×全幅×全高=4135×1750×1285mm/ホイールベース=2400mm/車重=1260kg/駆動方式=FR/2.2リッター直4DOHC16バルブ(242ps/7800rpm、22.5kgm/6500-7500rpm)/価格=399万円(テスト車=432万6000円/本革シート=10万5000円/DVDナビゲーションシステム=23万1000円)

ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】

ホンダ S2000 vs NSX【短評】 2008.10.03 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
……432万6000円/1255万4850円

スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
「タイプS」は、空力や足まわりを煮詰めた特別なS2000。2007年10月25日にデビューした。
「タイプS」は、空力や足まわりを煮詰めた特別なS2000。2007年10月25日にデビューした。
リアの巨大ウィングが「S」の証。
リアの巨大ウィングが「S」の証。

ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】の画像

ホンダテイスト全開!

コンドー(以下「コ」):実はそろそろ、クルマ買いたいなぁ思ってんねん。予算は、夏のボーナスでもらった500マン。
関(以下「せ」):たぶん、ひとケタ勘違いしてますよ……。それだけあったら、オプションも選びたい放題ですねぇ。
コ:羽根さえついてりゃオーケー。狙ってんのは、これ。「ホンダS2000」のタイプS。20世紀のテイストを引きずった貴重なクルマ。
せ:よりによって、2シータースポーツですか! って、まだ買えたんだっけ?

コ:ホンダもすっかりミニバンメーカーやから、そういわれるのも無理はない。ますます今のうちに乗っとかんと。次期型はどうなるかわからんし……
せ:視力やカラダのほうも追いつかなくなったり!? でも、このタイプSは、ホントに乗り心地がいいですよね。
コ:街では快適、峠にゃ最適。足まわりにお金がかかってるからな。こだわりまくり。バネレートを高めただけやなくて、全体のバランスがサイコーにチョードイイ、ホンダ。
せ:操作系もいまどきのスポーツカーらしく、チョー楽チン。やせ我慢がいらないのは、長く付き合う大事なポイントですよね。でも……このエアロな見た目に飽きたらどうしよう!?

コ:そのうち気に入るて。そうじゃなくても慣れるて。ガソリン高いんやから、置いとくだけでも楽しめなアカン。
せ:そのわりに、インテリアのデザインはすごく地味だし……
コ:新車やのに、すでに懐かしい感じがする。ちょっと前のホンダテイスト全開!
せ:小さなカーナビはそっぽ向いてて見難いわ、フロアや荷室は凸凹してるわ。
コ:スポーツカーなんやから、そんなんええねんて。デジタル式のメーターはちょっと垢抜けへんと思うけど。

S2000のパワーユニット。50:50の前後重量配分を実現すべくエンジンルーム最後部にマウントされる。
S2000のパワーユニット。50:50の前後重量配分を実現すべくエンジンルーム最後部にマウントされる。

ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】の画像

せ:たしかに機関はピカイチ。まるでスポーツバイクみたいに、リミッターが効く8000rpmまで軽〜く吹けあがりますね。ステアリングやシフトも軽いし、女性オーナーを見かけるのも納得です。

コ:オープンになるのも嬉しいやろ。電動でシュッと開けられるの、国産じゃぁ数少ない。
せ:開閉時間は世界一短いんじゃないですか? ストッパー外してから5秒もかからない。
コ:これで399万円かぁ。もう絶滅する前に買うしかない。本気で欲しい。他にライバルもおらへんことやし。
せ:気になるライバル、いるじゃないですか! しかも、同じホンダに……

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る