【スペック】S2000 タイプS:全長×全幅×全高=4135×1750×1285mm/ホイールベース=2400mm/車重=1260kg/駆動方式=FR/2.2リッター直4DOHC16バルブ(242ps/7800rpm、22.5kgm/6500-7500rpm)/価格=399万円(テスト車=432万6000円/本革シート=10万5000円/DVDナビゲーションシステム=23万1000円)

ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】

ホンダ S2000 vs NSX【短評】 2008.10.03 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
……432万6000円/1255万4850円

スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
「タイプS」は、空力や足まわりを煮詰めた特別なS2000。2007年10月25日にデビューした。
「タイプS」は、空力や足まわりを煮詰めた特別なS2000。2007年10月25日にデビューした。
リアの巨大ウィングが「S」の証。
リアの巨大ウィングが「S」の証。

ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】の画像

ホンダテイスト全開!

コンドー(以下「コ」):実はそろそろ、クルマ買いたいなぁ思ってんねん。予算は、夏のボーナスでもらった500マン。
関(以下「せ」):たぶん、ひとケタ勘違いしてますよ……。それだけあったら、オプションも選びたい放題ですねぇ。
コ:羽根さえついてりゃオーケー。狙ってんのは、これ。「ホンダS2000」のタイプS。20世紀のテイストを引きずった貴重なクルマ。
せ:よりによって、2シータースポーツですか! って、まだ買えたんだっけ?

コ:ホンダもすっかりミニバンメーカーやから、そういわれるのも無理はない。ますます今のうちに乗っとかんと。次期型はどうなるかわからんし……
せ:視力やカラダのほうも追いつかなくなったり!? でも、このタイプSは、ホントに乗り心地がいいですよね。
コ:街では快適、峠にゃ最適。足まわりにお金がかかってるからな。こだわりまくり。バネレートを高めただけやなくて、全体のバランスがサイコーにチョードイイ、ホンダ。
せ:操作系もいまどきのスポーツカーらしく、チョー楽チン。やせ我慢がいらないのは、長く付き合う大事なポイントですよね。でも……このエアロな見た目に飽きたらどうしよう!?

コ:そのうち気に入るて。そうじゃなくても慣れるて。ガソリン高いんやから、置いとくだけでも楽しめなアカン。
せ:そのわりに、インテリアのデザインはすごく地味だし……
コ:新車やのに、すでに懐かしい感じがする。ちょっと前のホンダテイスト全開!
せ:小さなカーナビはそっぽ向いてて見難いわ、フロアや荷室は凸凹してるわ。
コ:スポーツカーなんやから、そんなんええねんて。デジタル式のメーターはちょっと垢抜けへんと思うけど。

S2000のパワーユニット。50:50の前後重量配分を実現すべくエンジンルーム最後部にマウントされる。
S2000のパワーユニット。50:50の前後重量配分を実現すべくエンジンルーム最後部にマウントされる。

ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】の画像

せ:たしかに機関はピカイチ。まるでスポーツバイクみたいに、リミッターが効く8000rpmまで軽〜く吹けあがりますね。ステアリングやシフトも軽いし、女性オーナーを見かけるのも納得です。

コ:オープンになるのも嬉しいやろ。電動でシュッと開けられるの、国産じゃぁ数少ない。
せ:開閉時間は世界一短いんじゃないですか? ストッパー外してから5秒もかからない。
コ:これで399万円かぁ。もう絶滅する前に買うしかない。本気で欲しい。他にライバルもおらへんことやし。
せ:気になるライバル、いるじゃないですか! しかも、同じホンダに……

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編) 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
ホームへ戻る