日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

2008.10.02 自動車ニュース

日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

日産自動車は、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」の仕様を変更し、2008年10月1日に発売した。

今回の変更点は、装備の追加。ユーザーから要望の多い安全装備を設定するとともに、4WD全車に寒冷地仕様を標準化し、安全性を高めた。

「フーガ」は、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグや、クリスタルブルーキセノンヘッドランプ+アクティブAFSを、今まで未装着だった一部グレードに採用し、全車標準装備とした。

「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」は、一部グレードにインテリジェントキー+エンジンイモビライザーを標準装備するとともに、カーナビ装着車にETCユニットを標準設定。加えて、1.8リッター車の「ティーダ」「ティーダラティオ」には15インチアルミホイールを、ウイングロードの一部グレードにはトノカバーとプライバシーガラスも装備する。価格は以下のとおり。

フーガ:414万2250円から468万3000円
シルフィ:184万2750円から211万6800円
ティーダ:168万7350円から200万7600円
ティーダラティオ:168万7350円から208万6350円。
ウイングロード159万6000円から200万7600円

(webCG ワタナベ)

「フーガ」
「フーガ」
「シルフィ」
「シルフィ」
「ティーダ」
「ティーダ」
「ウイングロード」
「ウイングロード」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る