日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

2008.10.02 自動車ニュース

日産、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」など5車種に安全装備を追加

日産自動車は、「フーガ」「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」の仕様を変更し、2008年10月1日に発売した。

今回の変更点は、装備の追加。ユーザーから要望の多い安全装備を設定するとともに、4WD全車に寒冷地仕様を標準化し、安全性を高めた。

「フーガ」は、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム+SRSカーテンエアバッグや、クリスタルブルーキセノンヘッドランプ+アクティブAFSを、今まで未装着だった一部グレードに採用し、全車標準装備とした。

「シルフィ」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」は、一部グレードにインテリジェントキー+エンジンイモビライザーを標準装備するとともに、カーナビ装着車にETCユニットを標準設定。加えて、1.8リッター車の「ティーダ」「ティーダラティオ」には15インチアルミホイールを、ウイングロードの一部グレードにはトノカバーとプライバシーガラスも装備する。価格は以下のとおり。

フーガ:414万2250円から468万3000円
シルフィ:184万2750円から211万6800円
ティーダ:168万7350円から200万7600円
ティーダラティオ:168万7350円から208万6350円。
ウイングロード159万6000円から200万7600円

(webCG ワタナベ)

「フーガ」
「フーガ」
「シルフィ」
「シルフィ」
「ティーダ」
「ティーダ」
「ウイングロード」
「ウイングロード」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る