マツダ、軽「AZ-ワゴン」をフルモデルチェンジして発売

2008.10.02 自動車ニュース

マツダ、軽「AZ-ワゴン」をフルモデルチェンジして発売

マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」シリーズをフルモデルチェンジし、2008年9月29日に発売した。

■独自のフロントグリルで差別化

日本一売れている「スズキ・ワゴンR」のOEMモデルである「AZ-ワゴン」が、先に一新されたワゴンRとほぼ同様の内容で生まれ変わった。

主な変更点は、エクステリアデザインと、インテリアの質感アップ、車内の快適性の向上など。
フロントグリルはマツダ独自のもので、中央にバーを配しワゴンRとの差別化をはかった。グレーを基調としたインパネに、インフォメーションディスプレイ付きの自発光スピードメーターが備わる。チャコールグレーのシートを採用しスタイリッシュさを演出する。

装備では、全車に盗難防止のイモビライザーを標準装備。一部グレードにエンジンの始動・停止をするプッシュボタンを採用するなど利便性を高めた。後席の居住性の向上もセリングポイントとする。

標準モデルに加え、エアロパーツやアルミホイールで飾ったスポーティモデルの「AZ-ワゴン カスタムスタイル」も同時に発売された。
同社の8人乗りミニバン「ビアンテ」を思わせる独自のフロントバンパーを与え、中央の大型グリルにはメッシュを採用した。

カスタムは、ブラックのセンターパネルに本革巻ステアリングホイールを採用、上質感のあるインテリアとなる。また、ステアリングシフトスイッチやオートライトシステム、LEDサイドターンランプ付きドアミラー、8スピーカー付きのハイグレードサウンドシステムなどを標準装備する上級モデルも用意され、高級感ある仕様となっている。

2つのモデルそれぞれに、0.66リッター直3NAエンジン(54ps)と、ターボエンジン(64ps)を用意。トランスミッションは、ワゴンのNAが4段ATと5段MT。カスタムのNAは、CVTと4段ATが用意される。ターボはどちらもCVTのみで、カスタムにはパドルシフト付きの7段マニュアルモードが備わる。駆動方式は、全グレードにFFと4WDを揃える。

価格は、「AZ-ワゴン」が92万4000円から148万2600円、「AZ-ワゴン カスタムスタイル」は127万500円から168万7350円となる。月間販売台数は2000台と、1万8000台のワゴンRよりかなり控えめ。

(webCG ワタナベ)

「AZ-ワゴン」
「AZ-ワゴン」
「AZ-ワゴン」のインテリア。
「AZ-ワゴン」のインテリア。
「AZ-ワゴン」には、チャコールグレーのシートが採用される。
「AZ-ワゴン」には、チャコールグレーのシートが採用される。
「AZ−ワゴン カスタム」
「AZ−ワゴン カスタム」
カスタムのインテリア。
カスタムのインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

AZ-ワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る