「三菱パジェロ」が一部改良、ディーゼルモデルも復活

2008.10.02 自動車ニュース

「三菱パジェロ」がマイナーチェンジ、ディーゼルモデルも復活

三菱自動車工業は2008年10月1日、SUV「パジェロ」を一部改良。同時に、ディーゼルモデルをラインナップに加え、同日販売を開始した。

今回の改良は、内外装の変更に加え、ディーゼルモデルをラインナップに追加したのが主な眼目だ。

フロントグリルのメッキクローム処理や、新意匠のアルミホイールの採用が、全グレード共通の変更点となる。最上級「スーパーエクシード」の内装には、本木目&本革巻ステアリングホイールを装備。ロングボディ車の外板色に、クォーツブラウンメタリックが追加された。3リッターガソリン車のトランスミッションが4段ATから5段ATに進化したのもニュース。

注目のディーゼルエンジンは、ロングボディの「GR」「エクシード」「スーパーエクシード」の3グレードが採用する。
先代パジェロ搭載ユニットの改良型で、コモンレール燃料噴射システムに加え、NOxトラップ触媒、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)の新採用で、クリーン化を実現。自動車排出ガス規制の「新長期規制」に適合し、2010年9月までの販売が許される。

価格は、ショートボディがガソリンのみで、260万4000円から395万8500円。ロングボディはガソリンが289万8000円から444万1500円、ディーゼルは346万5000円から459万9000円となる。

(webCG 本諏訪)

パジェロロング スーパーエクシード(ディーゼルモデル)
パジェロロング スーパーエクシード(ディーゼルモデル)
パジェロロング スーパーエクシードの内装
パジェロロング スーパーエクシードの内装

関連キーワード:
パジェロ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • トヨタ・カローラハッチバック【開発者インタビュー】 2018.6.9 試乗記 「オーリス」の後を継ぐモデルとして販売される、次期「カローラハッチバック」。その開発には、どんな思いが込められているのか。チーフエンジニアを務める小西良樹さんと、デザインを取りまとめた宇角直哉さんに話を聞いた。
ホームへ戻る