第369回:「トヨタiQ」こぼれ話
トヨタの敵はトヨタ! 真のライバルはプリウスなり!?

2008.10.02 エッセイ

第369回:「トヨタiQ」こぼれ話トヨタの敵はトヨタ! 真のライバルはプリウスなり!?

「トヨタ」というプレッシャーのなかで

ってなわけで話題作「iQ」。いまだから言える……はウソだけど、今だから言いたい話がある。それはこのクルマがプロダクトとして画期的だったのはもちろん、開発現場としても画期的だったってことだ。

というのも某エンジニアが明かしてくれたのだが「これは別名“○×プロジェクト”って呼ばれてます(笑)」という。
○×さんってのはトヨタの開発系の重役で、とても優秀な方だそうだが、それ以上にとてもガンコ。で、その方の肝煎りというか、“強烈な意思”があって初めてこのクルマは生まれたらしい。

なぜならiQは、デフを反転配置させたエンジンまわりにせよ、超薄型燃料タンクや超小型エアコンシステムにせよ、前例のない機構が多く、普通ならば頓挫してもおかしくないくらいのチャレンジングなプロジェクトだった。

「石橋を叩いても渡らない」といわれるほど慎重な面のあるトヨタとしては、久々の向こう見ず(?)な企画なのである。実際、挑戦をあまり評価しない業界人の中には「日本人がこのサイズに100万円以上も払うかよ?」「軽で十分でしょ」と言う人も多い。

俺はだからこそおもしろいとも思うのだが、「おもしろい」だけでクルマは作れないのも事実。特にある一定以上の高打率が要求される世界一のメーカー、トヨタにおいてそのプレッシャーはことさら強いはず。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』