「フィアット500」に限定の最上級モデル、新色追加も

2008.10.02 自動車ニュース
「500 1.4 16V ラウンジSS」
「フィアット500」の最上級モデル、150台限定で発売

「フィアット500」に限定の最上級モデル、新色追加も

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「フィアット500」に特別限定モデル「1.4 16V ラウンジSS」を設定、2008年10月11日から150台限定で販売を開始する。

「500 1.4 16V ラウンジ」(ボディカラー:トロピカリア・イエロー)
「フィアット500」の最上級モデル、150台限定で発売

2008年6月に発売された上級モデル「1.4 16V ラウンジ」の限定バージョンが、「1.4 16V ラウンジSS」。ベースモデルと同じく1.4リッター直4DOHC16バルブエンジンに、オートモード付5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を組み合わせた、右ハンドル仕様となる。

ラウンジからの追加装備は、16インチアロイホイールや電動サンルーフ、クローム仕上げヒーテッド電動ドアミラー、専用デザインレザーシート。ボディカラーは専用の「ファンク・ホワイト(三層仕上げパールペイント)」となる。
価格は、ラウンジより32.0万円高の282.0万円。

また同時に、ラウンジにはボディカラーが追加された。100台限定となるが、5.0万円のオプション料金を追加することで外板色に「トロピカリア・イエロー」を選ぶことができる。

(webCG 依田)

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • フィアット・パンダ4×4 ROCK 1.3 16V マルチジェット(4WD... 2013.12.2 試乗記
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記