「フィアット500」に限定の最上級モデル、新色追加も

2008.10.02 自動車ニュース
「500 1.4 16V ラウンジSS」
「フィアット500」の最上級モデル、150台限定で発売

「フィアット500」に限定の最上級モデル、新色追加も

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「フィアット500」に特別限定モデル「1.4 16V ラウンジSS」を設定、2008年10月11日から150台限定で販売を開始する。

「500 1.4 16V ラウンジ」(ボディカラー:トロピカリア・イエロー)
「フィアット500」の最上級モデル、150台限定で発売

2008年6月に発売された上級モデル「1.4 16V ラウンジ」の限定バージョンが、「1.4 16V ラウンジSS」。ベースモデルと同じく1.4リッター直4DOHC16バルブエンジンに、オートモード付5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を組み合わせた、右ハンドル仕様となる。

ラウンジからの追加装備は、16インチアロイホイールや電動サンルーフ、クローム仕上げヒーテッド電動ドアミラー、専用デザインレザーシート。ボディカラーは専用の「ファンク・ホワイト(三層仕上げパールペイント)」となる。
価格は、ラウンジより32.0万円高の282.0万円。

また同時に、ラウンジにはボディカラーが追加された。100台限定となるが、5.0万円のオプション料金を追加することで外板色に「トロピカリア・イエロー」を選ぶことができる。

(webCG 依田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る