【スペック】V70 T4 SE:全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1670kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/燃費=13.6km/リッター(JC08モード)/価格=499万円(テスト車=550万7000円)(写真右)

ボルボV70 T4 SE/V60 T4 R-DESIGN/XC60 T5 R-DESIGN【試乗記】

“ボルボ革命”の現場を見た!(前編) 2012.12.04 試乗記 ボルボV70 T4 SE(FF/6AT)/V60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)/XC60 T5 R-DESIGN(FF/6AT)
……550万7000円/507万5000円/586万5000円

変わりゆくボルボで変わらないものとは? 2013年モデルにイッキ乗りし、ボルボの進化の方向性を確かめた。

“質実クン”から“オシャレ坊や”へ

「人の噂も七十五日」というけれど、ことクルマに関しては当てはまらないようだ。ボルボの試乗車に乗っていて知人と遭遇すると、誰もが判で押したように「え、これが?」と言いたげな表情を浮かべる。彼らのアタマの中では、まだボルボは四角い形のままなのだ。「240」や「740」のイメージがまだ残っているらしい。それらのモデルの生産が終了してからすでに20年、「850」や「940」からでも15年が経過している。固定観念というのは、なんとしぶとく厄介なものか。

スタイルに関しては、ボルボの中では今も革命が進行している。新しいモデルになるほどフォルムは丸くなっており、以前のイメージからは遠ざかっている。今回、ボルボの主要モデルをまとめてテストする機会があった。2013年モデルがそろったタイミングで、試乗会が催されたのだ。新たに加えられた装備や意匠の変更点などをチェックできるのはもちろんだが、開発年度の違うモデルを並べることによって、デザインが変化していく様子をうかがうこともできる。以前の“質実クン”から最近の“オシャレ坊や”に変わっていく過程が、如実に示されるのだ。

試乗の舞台となるのは、紅葉真っ盛りの裏磐梯である。東京から北に向かうために乗ったのは、「V70 T4 SE」だ。V70は1996年に登場したステーションワゴンで、初代モデルは850のマイナーチェンジ版という位置づけだった。いわゆる四角いボルボだが、1999年に2代目となってデザインを一新した。現在のモデルは、2007年から販売されている3代目である。今回乗る中では、ちょうど真ん中あたりの開発年度にあたる。“質実クン”の面影を残しながらも、オシャレに目覚めはじめていることは隠せない。

福島・喜多方の町を行く「ボルボV70」。
福島・喜多方の町を行く「ボルボV70」。
2013年モデルの「V70」には、新機能「オートライト」と「イルミネーテッド・シフトノブ」が備わる。
2013年モデルの「V70」には、新機能「オートライト」と「イルミネーテッド・シフトノブ」が備わる。
【テスト車のオプション装備】
V70 T4 SE:セーフティー・パッケージ=20万円/ファミリー・パッケージ=4万円/メタリックパールペイント=8万円/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ=17万2000円/ETC車載器=2万5000円
【テスト車のオプション装備】
V70 T4 SE:セーフティー・パッケージ=20万円/ファミリー・パッケージ=4万円/メタリックパールペイント=8万円/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ=17万2000円/ETC車載器=2万5000円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る