「レクサスGS」、ちょっと便利な小変更 

2008.10.01 自動車ニュース

「レクサスGS」、ちょっと便利な小変更 

トヨタ自動車は、レクサスのミドル級セダン「GS」に小変更を施し、2008年10月1日に発売した。

今回GSに施されたのは、快適性を(ちょっと)アップするための小変更だ。
リアドア&リアウィンドウのプライバシーガラスや、カードキーを標準化するとともに、室内照明の明るさをアップした。さらに、センタークラスタースイッチの英語表記をオプションで選択可能にした。

ハイブリッドモデル「GS450h」はバッテリー位置を変更し、欠点とされていたラゲージルーム容量を最大40リッター拡大した。

価格は、それぞれ4.0万円ずつアップして、
GS350:542.0〜623.0万円
GS460:665.0〜765.0万円
GS450h:687.0〜787.0万円
となっている。

(webCG 関)

「レクサスGS450h」。今回の小変更で、荷室容量が拡大した。
「レクサスGS450h」。今回の小変更で、荷室容量が拡大した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る