【スペック】EXCEED:全長×全幅×全高=4900×1875×1870mm/ホイールベース=2780mm/車重=2260kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直4 DOHC16バルブターボディーゼル(170ps/3800rpm、37.8kgm/2000rpm)/価格=394万8000円(テスト車=同じ)

三菱パジェロロング エクシード(4WD/5AT)/スーパーエクシード(4WD/5AT)【試乗速報】

胸を張って選べるか? 2008.10.01 試乗記 三菱パジェロロング エクシード(4WD/5AT)/スーパーエクシード(4WD/5AT)
……394万8000円/489万8250円

ディーゼルへの関心が高まるなか、「三菱パジェロ」はマイナーチェンジとともにディーゼルモデルをラインナップに復活させた。喜ぶべきニュースといいたいが、リポーターには気になるところがあるという。

燃費メリットは十分ある

2004年にラインナップから外れて以来、「パジェロ」に久々に設定されたディーゼルエンジンは、当時使われていたものの大幅改良版である。MMT=ミツビシ・モーター・タイランドで生産される、この4M41型ユニットは、直列4気筒にして実に3200ccという大きな排気量を持つ。

もちろん、その内容は大幅に刷新されている。最大のトピックは、最大1800barの高圧燃料噴射を可能にしたコモンレール式燃料噴射システムを採用したこと。エンジン本体ではほかにも、燃焼室やポート形状の最適化、スワールコントロールバルブの追加、そしてクールドEGRや意外にもIHI製だという可変ジオメトリー式ターボチャージャーの搭載などが行われている。

排気系には、従来の酸化触媒にDPFとNOx吸蔵還元触媒がプラスされた。その結果として、最高出力170ps/3800rpm、最大トルク37.8kgm/2000rpmという出力と、現行の排ガス規制である「新長期規制」をクリアするクリーン性を獲得。PMに関しては「ポスト新長期」対応相当の数値を記録しているという。
また、アイドリング回転数を下げ、ATFウォーマーを採用するなどなどの対策によって、燃費は最上級のSUPER EXCEEDの10・15モードで9.8km/リッターを達成している。最大トルク34.5kgmと近い数値の3.8リッターガソリンが7.6km/リッターに留まり、しかも軽油より20円は高いプレミアムガソリンを要求すると考えれば、燃費メリットは十分あるといえそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る