【スペック】全長×全幅×全高=4205×1760×1520mm/ホイールベース=2575mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=248.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT) 2008.09.30 試乗記 ……248.0万円
総合評価……★★★★
1.4リッターTSIエンジンに最新の7段DSGを組み合わせ低燃費をアピールする「TSIトレンドライン」。他グレードと乗り比べることで見えたベースモデルの走りと乗り心地の評価は。

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【ブリーフテスト】

時代を引っ張る小排気量

東京にいるとドイツ車がやれ500psだ600psだと時代錯誤なパワーバトルに明け暮れているように見えるが、それはドル箱市場の日本やアメリカ、中東に限った話。主戦場の地元ヨーロッパでは真面目に取り組んでいる。

何に対して真面目かといえば、CO2排出量、すなわち燃費に対してである。そのため、すでに大型トラック/バスの世界では定着して久しいが、乗用車でもディーゼルの拡充はむろんのこと、ガソリンに関してもエンジンをダウンサイジングする代わりにターボやスーパーチャージャーで過給し、パワーとの両立を図るのがトレンドになっている。「T」が得意なアウディしかり、「KOMPRESSOR」で知られるメルセデスしかりだ。

なかでも象徴的なのが最近のフォルクルワーゲン各車。主力の「ゴルフ」はV6を積み別格的存在の「R32」とスポーツモデルの「GTI」を除いてノーマル系全車が1.4リッターという、かつてない慎ましさに「時代」を感じざるを得ない。ターボ装着を基本にスーパーチャージャー追加を含む計3種のチューンを用意し、幅広い需要に応えようというのもいかにも量販車らしい。

この夏、筆者は偶々「GTI」と「GT TSI」、そしてこの「TSIトレンドライン」を立て続けに試乗し、直接乗り比べる機会を得た。微妙だが、しかしそれぞれが合目的的で楽しく、結果的に完全な棲み分けができているのには感心させられた。顧みて、日本車がなぜつまらないかの答えがそのへんにあると思う。好みの違いを別とすればほどよいパワーと良好な燃費、乗り心地とから、「乗用車」としてのベストゴルフは、マイルドさ際だつTSIトレンドラインと言える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る