第60回:これが噂の「ポストブス」だ!

2008.09.27 エッセイ

第60回:これが噂の「ポストブス」だ!

郵便配達はヒトも運ぶ

日本では郵政民営化1周年を迎える。
いまだ評価は分かれているが、欧州に住む身からすると日本の郵便はよく機能している。たった1個の小包でも夜遅くの指定時間に取りに来てくれ、国内なら翌日配達が可能だ。イタリアではそうはいかない。なにしろボクの街の郵便局のひとつは利用者が少ない夏の時期に休みがあって、期間中は「市内の他局に行ってください」という始末だ。

イタリア郵便もすでに株式会社化されているが、大株主は依然国である。そんなわけで親方日の丸(親方トリコローレ?)体質はなかなか変わらない。
ところで郵便といえば、イタリアの隣国スイスやオーストリアには、「郵便バス」というものがある。
スイスでは、言語地域によって「ポストアウト(Postauto/独語)」「カー・ポスタール(Car postal/仏語)」「アウトポスターレ(Autopostale/伊語)」と呼び分けされ、オーストリアでは「ポストブス(Postbus)」と言われている。

車両自体は普通のバスなのだが、長年にわたり欧州で「郵便」を示す角笛マークが書いてある。理由は歴史を遡るとわかる。
もともと郵便事業体が郵便輸送と旅客輸送を兼務していたのだ。要するにバスに手紙も人ものせていたのである。

スイスでの始まりは1906年、ベルン−デトリンゲン間に走らせたものだ。オーストリアでもほぼ同時期に郵便バスサービスが開始されている。
背景にあるのは山が多い両国の地形である。自動車が少ない時代、点在する村を結ぶのに、郵便と旅客輸送という公共サービスを一緒にこなすアイディアは早くから発生したのだろう。

かのメルセデス・ベンツ・ミュージアムにも、オーストリアの元郵便バスが1台展示されている。1938年製のそれは、ちょっと数奇な運命を辿った車両だ。
まず郵便バスとして納車されたのち、戦後になるとザルツブルク−ウィーン間の郵便貨物専用トラックにモディファイされる。さらに後年、移動郵便局&電報電話局に改造され、ザルツブルク音楽祭をはじめとするイベント会場で1970年代末まで働き続けたのだ。

スイスのポストアウト。
スイスのポストアウト。
山の小さな村にもほぼ定刻にやってくる。
山の小さな村にもほぼ定刻にやってくる。
何げないがモダーンなバス停サイン。
何げないがモダーンなバス停サイン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。