トヨタが「RAV4」の全車に横滑り防止装置を採用

2012.12.03 自動車ニュース

トヨタが「RAV4」の全車に横滑り防止装置を採用

トヨタ自動車は2012年12月3日、ミドルサイズSUV「RAV4」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、車両安定性を確保するS-VSCや、ヒルスタートアシストコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを全車に採用。ステアリングホイールを握ったままオーディオを操作できるステアリングスイッチも標準装備となった。

またグレード体系も改められた。これまで設定のあった「X」と「スポーツ」を廃止。替わって、グレーメタリック塗装の18インチアルミホイールやカラードオーバーフェンダーなどを装備した「スタイル“Sパッケージ”」が追加された。

価格は「スタイル」のFF車が215万円で4WD車が236万円。「スタイル“Sパッケージ”」のFF車が230万円、4WD車が251万円。

(webCG)

「トヨタRAV4 スタイル“Sパッケージ”」
「トヨタRAV4」が横滑り防止装置を全車採用

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RAV4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る