2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸

2008.09.25 自動車ニュース

2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチ「トゥインゴ」をフルモデルチェンジし、2008年11月7日に発売する。

■待望の右ハンドル

既報のとおり、14年振りにフルモデルチェンジした2代目「トゥインゴ」が日本に導入される。

新型は、内外装のデザインを一新。走行性能や安全性が向上し、より使い勝手のよいモデルになったという。
ボディサイズはひとまわり拡大され、全長×全幅×全高は、3600mm(+170)×1655mm(+25)×1470mm(+35)で、ホイールベースは2365mm(+20)(カッコ内は先代モデル比)。ボディ形状は、3ドアハッチバックのみで、定員は4名。

日本でのラインナップは、ベースの1.2リッター直4(75ps/5500rpm)モデルと1.2リッター直4ターボ(100ps/5500rpm)「GT」の2グレード。トランスミッションは、前者が2ペダルのオートモード付きシーケンシャル5段MT、後者は5段MTが組み合わされる。
左ハンドルのみだった先代と異なり、右ハンドルが採用されたことは大きなアピールポイントだ。

価格は、トゥインゴが198.0万円、トゥインゴGTは240.0万円。

■先代の特徴を引き継ぎつつ進化

アッパーグリルがなく、アンダーグリルを大きくとった、ルノーの新しいデザインアイデンティティを採用したというフロントマスクは、先代よりもシャープな印象。ユニークなレバー式のドアノブなどは、初代と同じだ。

ボディと同様、ひとまわり広くなったインテリアは、独立したタコメーターやドライバー側を向いたセンターメーターなどで個性を主張する。
後席の独立型のシートは、スライドとリクライニング機能が備わり、前転させることで、荷室を拡大できる。荷室容量は、通常165〜285リッター(VDA計測)で、リアシートを畳むと最大で959リッターを確保する。

スポーティグレードの「GT」は装備も充実。リアスポイラーや、マフラーカッター、アルミ調のルーフスポイラーなどが装着されるほか、オートエアコンや、シート高調整機能、スライド機能・サンシェードがついた電動パノラミックグラスルーフなどの快適装備も標準で用意される。

安全面も最新モデルらしく、全車にABS、緊急ブレーキアシストシステム、フロント、サイド、カーテンに6つのエアバッグを標準装備。GTには、ESPも標準で備わる。

(webCG ワタナベ)

「トゥインゴ」
「トゥインゴ」
「トゥインゴGT」
「トゥインゴGT」

2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸の画像

2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
ホームへ戻る