2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸

2008.09.25 自動車ニュース

2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチ「トゥインゴ」をフルモデルチェンジし、2008年11月7日に発売する。

■待望の右ハンドル

既報のとおり、14年振りにフルモデルチェンジした2代目「トゥインゴ」が日本に導入される。

新型は、内外装のデザインを一新。走行性能や安全性が向上し、より使い勝手のよいモデルになったという。
ボディサイズはひとまわり拡大され、全長×全幅×全高は、3600mm(+170)×1655mm(+25)×1470mm(+35)で、ホイールベースは2365mm(+20)(カッコ内は先代モデル比)。ボディ形状は、3ドアハッチバックのみで、定員は4名。

日本でのラインナップは、ベースの1.2リッター直4(75ps/5500rpm)モデルと1.2リッター直4ターボ(100ps/5500rpm)「GT」の2グレード。トランスミッションは、前者が2ペダルのオートモード付きシーケンシャル5段MT、後者は5段MTが組み合わされる。
左ハンドルのみだった先代と異なり、右ハンドルが採用されたことは大きなアピールポイントだ。

価格は、トゥインゴが198.0万円、トゥインゴGTは240.0万円。

■先代の特徴を引き継ぎつつ進化

アッパーグリルがなく、アンダーグリルを大きくとった、ルノーの新しいデザインアイデンティティを採用したというフロントマスクは、先代よりもシャープな印象。ユニークなレバー式のドアノブなどは、初代と同じだ。

ボディと同様、ひとまわり広くなったインテリアは、独立したタコメーターやドライバー側を向いたセンターメーターなどで個性を主張する。
後席の独立型のシートは、スライドとリクライニング機能が備わり、前転させることで、荷室を拡大できる。荷室容量は、通常165〜285リッター(VDA計測)で、リアシートを畳むと最大で959リッターを確保する。

スポーティグレードの「GT」は装備も充実。リアスポイラーや、マフラーカッター、アルミ調のルーフスポイラーなどが装着されるほか、オートエアコンや、シート高調整機能、スライド機能・サンシェードがついた電動パノラミックグラスルーフなどの快適装備も標準で用意される。

安全面も最新モデルらしく、全車にABS、緊急ブレーキアシストシステム、フロント、サイド、カーテンに6つのエアバッグを標準装備。GTには、ESPも標準で備わる。

(webCG ワタナベ)

「トゥインゴ」
「トゥインゴ」
「トゥインゴGT」
「トゥインゴGT」

2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸の画像

2代目「ルノー・トゥインゴ」、2グレードで日本上陸の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アルファ・ロメオ、新型「ジュリア」を9月6日に発売 2017.8.10 自動車ニュース FCAジャパンが新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」を9月6日に発売する。ジュリアはアルファ・ロメオにとって久々のFRのスポーツセダンで、2015年6月にイタリアで発表されている。
ホームへ戻る