日本一売れている軽自動車「スズキ・ワゴンR」が新型へ

2008.09.25 自動車ニュース
「ワゴンR」
日本一売れている軽自動車「スズキ・ワゴンR」が新型へ

日本一売れている軽自動車「スズキ・ワゴンR」が新型へ

スズキは2008年9月25日、同社の主力軽自動車「ワゴンR」をフルモデルチェンジして発表した。

「ワゴンRスティングレー」
「ワゴンRスティングレー」
「新型でも軽自動車のトップを!」コメントした、スズキの津田紘社長。
「新型でも軽自動車のトップを!」コメントした、スズキの津田紘社長。

■さらに広い室内と、良好な燃費を実現

1993年に初代がデビューした「ワゴンR」は、商用ではない「軽ワゴン」というジャンルを確立したともいえる、スズキの看板モデル。15年間で累計300万台を売り上げたという、超ベストセラーである。
今回、およそ5年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、4代目に生まれ変わった。パッケージングの見直し、インテリアの質感アップ、燃費向上を主眼に、改良が加えられたという。

新型では2種のスタイルが用意される。標準の「ワゴンR」に加え、先代では姉妹車として後から加えられた「スティングレー」が、従来の「RR」に代わるスポーティグレードとして設定された。

ディメンションは全長×全幅×全高=3395×1475×1660mmと、軽自動車枠いっぱいの長さと幅はそのまま。15mm高められた全高の頂点はバックドアの部分となり、ワゴンRのアイデンティティである前傾したルーフデザインが新型にも見て取れる。

プラットフォームは新開発のものを採用。ホイールベースは2400mmとされ、従来より40mm延長。室内長は従来比+105mmとなる1975mmにまで伸ばされた。
さらに走りと静粛性を高めた上、NAとターボ2種のエンジンは、燃費も改善されたという。

価格は、ワゴンRが90万8250円から146万6850円、ワゴンRスティングレーが125万4750円から167万1600円まで。すべてのグレードで、FFと4WDをラインナップする。月の販売目標台数は1万8000台。

「スティングレー」のインパネ。
「スティングレー」のインパネ。
「ワゴンR」のインテリア。リアフロア部分はほぼフラットになった。
「ワゴンR」のインテリア。リアフロア部分はほぼフラットになった。

■特に後席居住性を向上

インテリアは外観にあわせ2種類用意された。
「ワゴンR」はライトグレーを基本にした配色となり、インパネにはマルチディスプレイ付きの自発光スピードメーターが備わる。「ワゴンRスティングレー」では、ブラック内装にシルバー加飾がほどこされ、メーターナセルにはタコメーターを含む、自発光式の3連メーターが据えられる。
いずれのグレードも、シフトレバーはコラムからインパネに移された。

座り心地を向上させたというフロントシートは、スライド量も40mm増加するとともに、スライドピッチを増やすなどされ、細かいドライビングポジションの調整が可能なもの。リアシートは、シートバック幅を20mm、座面長を20mm拡大。左右独立してシートスライド、リクラインをすることができる。従来より好評の、ワンタッチダブルフォールディング機構も備わり、荷室拡大に重宝する。

パッケージングのなかでも、特に気を遣ったのは後席居住性だという。前後乗員間距離を従来より140mm拡大したうえ、リアフロアのセンタートンネルは段差をなくし、ほぼフラットに。さらに従来より30mm低いリアステップの採用や、さらにステップとフロアの段差を5mmまで縮めるなどし、乗降性にも配慮された。

低回転域でのトルクが増したというNAエンジン。
低回転域でのトルクが増したというNAエンジン。
「ワゴンR」のリアビュー。
「ワゴンR」のリアビュー。

■23.0km/リッターの燃費性能

エンジンは2種類を用意。0.66リッター直3DOHCと、同ターボユニットである。先代にあった直噴ターボはラインナップから落とされた。
燃費性能の向上は、モデルチェンジの際の最重要項目として意識されたという。NAエンジンでは低回転域でのトルクを高める改良が施され、ターボは過給器を新たなものに変更。それぞれ、54ps/6500rpmと6.4kgm/3500rpm、64ps/6000rpmと9.7kgm/3000rpmを発生する。CVTと組み合わせることで、NAのFF車が23.0km/リッター、ターボのFF車が21.5km/リッターの燃費性能がカタログに記される。

トランスミッションはCVTに加え、まだまだ需要があるという4段ATも用意される。燃費の良いCVTと、車両価格の安い4ATという位置づけとも考えられる。なお、スティングレーのターボモデルが採用するCVTは、パドルシフト付きの7段のマニュアルモードが備わる。

スティングレーのトップグレード「TS」には、15インチタイヤが奢られる。
スティングレーのトップグレード「TS」には、15インチタイヤが奢られる。
シートバックを倒すだけで、座面も自動的に沈み込む、ワンタッチダブルフォールディング機構は先代から引き継がれた。
シートバックを倒すだけで、座面も自動的に沈み込む、ワンタッチダブルフォールディング機構は先代から引き継がれた。

■スペアタイヤは廃止へ

新型ワゴンRは、プラットフォームを一新した。
サスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後アイソレーテッド・トレーリング・リンクで、従来と変わらず。しかしながら、フロントサスペンションは新開発のものが採用され、リアサスペンションも取り付けや部品を改良することで、乗り心地と操縦安定性を高めたという。
もちろんホイールベースの拡大も、乗り心地や直進安定性向上に貢献する。

タイヤサイズはベーシックモデルが13インチ、スティングレーの最上級グレードで15インチまでと幅広い。「スティングレー」では、軽乗用車初というタイヤ空気圧警報システムが標準装備される。なお、軽量化、エコを目的に、全グレードでスペアタイヤは装備されず、パンク修理キットが採用された。

舵角に応じてヘッドライトの向きが変わるコーナリングランプやSRSカーテンエアバッグ、アンチスピンデバイスのESPなど、軽自動車としては珍しい装備も一部グレードのオプションながらも用意され、安全装備の充実をアピールする。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る