MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売に

2008.09.25 自動車ニュース

MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売に

MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売に

BMWジャパンは2008年9月25日、プレミアムコンパクト「MINI」にハイパフォーマンスグレード「John Cooper Works」を設定。同日販売を開始した。


MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売にの画像

MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売にの画像

■エンジンはレースカーと同じ

「MINI John Cooper Works」(以下JCW)は、MINIのラインナップのなかで最も高いパフォーマンスを持つグレードとして、先代からラインナップに名を連ねてきた。

この新型「MINI JCW」に搭載されるエンジンは、欧州で開催されるワンメイクレース「MINI CHALLENGE」の競技車両に搭載されるものと同じユニット。ツインスクロールターボチャージャーと直噴システムを採用した1.6リッター直4エンジンは「クーパーS」と同型ながらも、ピストン、シリンダーヘッドから吸排気系に手が入れられ、211psと26.5kgmのパフォーマンスを発揮する。
シフトノブ近くに備わるスポーツボタンでは、アクセルレスポンスとステアリングレスポンスの特性を切り替え、同時に排気音をも変化させることができるという。

クラッチは強化品に、6段MTは改良型に換装。フロントブレーキにはレース車にも使われる、ブレンボ製の4ポッド対向アルミキャリパーが奢られた。
サスペンションはハードセッティングの専用品を装備する。


MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売にの画像

MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売にの画像

■電子制御で差動制限

アンチスピンデバイスのDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)は標準で備わり、スイッチ操作で、ある程度のスリップを許容するDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)モードへ変更可能。
さらに、コーナリング時のトラクションを高めるため、EDLC(電子制御ディファレンシャル・ロック・コントロール)が装備されたのもニュース。これはLSDなどと同様に、左右駆動輪の差動を電子制御で制限するもので、最大ロック率は50%にもなるという。

内装は、インパネ中央の大きなスピードメーターが260km/hのスケールになるほか、ピアノブラックのサーフェスやスポーティな形状のシートが専用の装備。外観は、赤く塗られたブレーキキャリパーや専用ホイール、各所のエンブレムなどで他のグレードと見分けることができる。
さらにJCW専用のエクステリアパーツにより、スポーティな外観に変身。エアロパーツなどをパッケージにした「エアロダイナミックパッケージ」は、メーカーオプションとディーラーオプションの2種類が用意され(価格は同じ)、後者のほうが後付け感が強いデザインとなった。

ボディカラーは10色を用意。右ハンドル、6段MTのみの設定で、価格は363.0万円。


MINIの最強グレード「John Cooper Works」が発売に

■「クーパーS」用チューニングキットも

なお、「クーパーS」をベースとするJCWチューニングキットも導入予定だという。内容はエンジンマネージメントのコンピュータやエアフィルター、マフラーなどが専用品へ交換されるもので、最高出力は175psから192psにアップする。価格は未定。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る