【スペック】XC90 3.2 R-DESIGN:全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2150kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=740.0万円(テスト車=同じ)

ボルボXC70 オーシャンレースエディション/XC90 3.2 R-DESIGN/XC90 ノルディック(4WD/6AT)【試乗記】

特別限定車一気乗り 2008.09.25 試乗記 ボルボXC70 オーシャンレースエディション/XC90 3.2 R-DESIGN/XC90 ノルディック(4WD/6AT)
……660.0万円/740.0万円/598.0万円

ボルボ「XC」シリーズに3つの特別限定車が登場した。専用アイテムで飾ったモデル、スポーティに仕上げたモデル、装備を抑えたお買得モデルの3台を一気乗り。

特別なXCが勢揃い

道なき道をガンガン突き進むというより、タウンとフィールドの垣根を取り除いてくれる実用性重視のクロスカントリーが、ボルボの「XC」シリーズだ。
「V70」ベースの「XC70」と、SUVらしいスタイルを持つ「XC90」をラインアップし、そのアクティブなイメージが男心(女心も?)をくすぐるのだが、このXCに3つの特別仕様車が登場、緑あふれる八ヶ岳山麓で試乗会が開かれた。

リゾートホテルで待ち構えていたのは、「XC70 OCEAN RACE EDITION(オーシャンレースエディション)」「XC90 3.2 R-DESIGN」「XC90 NORDIC(ノルディック)」の3モデル。いずれも3.2リッター直列6気筒エンジンを積むXCだが、共通するのはそれくらいなもので、それぞれが別の個性を手に入れている。

そんな、スタイルも装備も値段もバラバラの3台から、どのクルマを指名しようか? 個人的な趣味に走る可能性は大ありだが、ベストXCを求めて、特別な3モデルを乗り比べてみることにしよう。

「XC90 ノルディック」
「XC90 ノルディック」
「XC70 オーシャンレースエディション」。
「XC70 オーシャンレースエディション」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.31 試乗記 ボルボのフラッグシップSUV「XC90」の最上級グレード「T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」に試乗。北欧製のプラグインハイブリッドシステムがかなえる走りと、ボルボ最新のインターフェイスの出来栄えをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
ホームへ戻る