「フィアット・フィオリーノ・クーボ」“横丁の御用聞き”が突如スターに

2008.09.24 自動車ニュース

「フィアット・クーボ」“横丁の御用聞き”が突如スターに

「フィアット・フィオリーノ・クーボ」“横丁の御用聞き”が突如スターに

伊フィアットは、2008年9月12日、ミニMPV「フィオリーノ・クーボ(キューボ)」をイタリア本国で発売した。


「フィアット・フィオリーノ・クーボ」“横丁の御用聞き”が突如スターにの画像

「フィアット・フィオリーノ・クーボ」“横丁の御用聞き”が突如スターにの画像

「フィアット・フィオリーノ・クーボ」“横丁の御用聞き”が突如スターにの画像

フィオリーノ・クーボは、フィアットとPSAプジョー・シトロエンのトルコ拠点であるトファス社で生産されるモデル。
さきに発表された商用車の「フィオリーノ」、今年発表された「シトロエン・ネモ」「プジョー・ビッパー」の姉妹車となる。プラットフォームはグランデプントと共通である。

「クーボ」は、本国より一足先に6月からフランスで発売されている。なお、綴りは“Qubo”で、地域によっては“キューボ”と発音する。ただし「日産キューブ」は欧州未発売なので、混乱は生じないだろう。

クーボのサイズは全長3959mm×全幅1684mm×全高1720mm。全長4mを境に料金が上がるフェリーを多用する人が多いイタリアでは、大きなセールスポイントとなるだろう。ちなみに、ライバルとなる「ルノー・カングー」は4mを超える。

そうしたコンパクトサイズながら、助手席を畳める仕様の場合、最大2.5メートルの長尺物を載せられるのも売りだ。ラゲッジスペース容量は標準で330リットル、後席および助手席を倒した状態だと2500リッターに及ぶ。

エンジンは、1.4リッターガソリン(73ps)と1.3リッターターボディーゼル(75ps)の2種類。トランスミッションは5段MTと、6段のデュアロジック・シーケンシャルシフトが用意される。

価格は、ガソリン仕様で1万2800ユーロ(約198万円)から。これはルノー・カングーが1万5000ユーロ台から始まるのに対して、きわめて挑戦的な値付けといえる。

商用車版として2007年発売された「フィオリーノ」。
商用車版として2007年発売された「フィオリーノ」。
「フィアット・ウーノ」がベースだった先代の「フィオリーノ」。
「フィアット・ウーノ」がベースだった先代の「フィオリーノ」。

ところでベースとなったフィオリーノは、従来イタリアで真面目な商用車のイメージが強かったモデル。「フィアット・ウーノ」のモディファイだった先代は、郵便局などで多く使われていた。
それがモデルチェンジにともない、欧州のレジャーカーのなかでも際立ってモダーンな出で立ちとなった。おかげで欧州のさまざまな自動車メディアで報じられている。

イタリアに住む筆者としては、近所の御用聞きがいきなり人気スターになったような印象を受けている。

(文=大矢アキオ/写真=FIAT GROUP AUTOMOBILES、大矢アキオ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。