ボルボ「C30」「S40」「S80」「XC90」の2009年モデル発売

2008.09.22 自動車ニュース

ボルボ「C30」「S40」「S80」「XC90」の2009年モデル発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「C30」「S40」「S80」「XC90」それぞれの2009年モデルを、2008年9月23日から販売開始する。

2009年モデルの特徴は、これまで約10万円で販売していた、ボルボのサービスプログラム「VSP(ボルボ・サービス・パスポート)」が無償で付くこと。2009年モデルの「C30」「S40」「S80」「XC90」は、新車登録時から3年間、全国のボルボディーラーで、定期点検やエンジンオイル、オイルフィルターなど所定のサービスが無料で受けられる。

■「C30」「S40」に装備追加、「R-DESIGNパッケージ」を新設定

C30とS40は、メイングレード「SE」の装備を充実させた。助手席パワーシートや、キセノンヘッドランプを標準装備したほか、スポーツウェアからインスピレーションを得たというT-Tec/テキスタイルシートや、“Mestra”17インチアルミホイールを採用した。

また、C30の「2.4i SE」「T5 TE」、S40の「2.4i SE」「T5 TE AWD」には、内外装や足回りなどにスポーティな装備をセットにした「R-DESIGNパッケージ」をオプション設定。装着車には、専用フロントグリルや、ボディキット、17インチの専用アルミホイール、本革巻ステアリングホイール、専用メーターパネルなどが備わる。

■「S80」に新装備と最新のドライバーサポート機能を追加

S80の「3.2 SE」「3.2 SE AWD」には、新たに「アドバンスド・セーフティ・パッケージ」が設定されるほか、死角範囲内に他車が進入してきた場合ドライバーに注意を促す「BLIS(ブレイド・スポット・インフォメーション・システム)」や、車両の動きを監視し、ドライバーの注意が低下したと判断した場合に警告を発する「ドライバー・アラート・コントロール」、車線を逸脱した場合にドライバーに警告音で注意を知らせる「レーン・デパーチャー・ウォーニング」などの最新のドライバーサポートシステムがオプション設定される。

上級グレードの「V8 TE AWD」は、「ドライバー・アラート・コントロール」や「レーン・デパーチャー・ウォーニング」を標準装備するほか、フロントシートにベンチレーション機能とマッサージ機能が備わる。

■「XC90」は装備を拡大

XC90の「V8 TE AWD」は、フロントシートにベンチレーション機能とマッサージ機能を、後席には、シートヒーターを標準装備する。

(webCG ワタナベ)

「C30」
「C30」
「S40」
「S40」
「S80 V8 TE AWD」
「S80 V8 TE AWD」
「XC90 V8 TE AWD」
「XC90 V8 TE AWD」

関連キーワード:
S80C30ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る