第77回:クルマ好きを夢中にさせる、ペブルビーチでの一週間

2008.09.20 エッセイ

第77回:クルマ好きを夢中にさせる、ペブルビーチでの一週間

日本からも名誉審査員が

ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2008

クラシックカー好きなら誰もが憧れるイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」が、今年2008年も例年どおり8月第3週の日曜日、17日に開催された。アメリカはカリフォルニア州モントレーにある、あの全米オープンも行なわれる名門ゴルフコースを舞台に、世界中から集まった貴重なクルマ達が、美しさを競い合うこのイベントを、初めて体験してきたので報告したい。

第1回の開催は1950年という、このコンクール・デレガンスで競われるのは、前述の通り美しさである。しかしながら難しいのは、単に美しいというだけではいけないということ。いかにオリジナルに可能な限り近い状態であるかが、そこでは問われることになる。ようするに最新技術を駆使してピカピカに仕上げたり、あるいは今の素材に置き換えたりというのは御法度。新車として世に出た時に限りなく近い状態こそが理想なのである。

実際、参加した175台ものクルマ達は、どれも眩いばかりの美しさ。それらは全24のカテゴリーに分けられ、その美しさやオリジナル度などが徹底的に審査される。名誉審査員としては、BMWチーフデザイナーのクリス・バングル氏、日産自動車の中村史郎氏、さらには今年から加わった、ゲームソフト「グランツーリスモ」シリーズでお馴染み、ポリフォニーデジタルの山内一典氏などの錚々たる面々が顔を揃える。しかし歴史的なクルマ達の厳正な審査にあたるのは、歴史的なクルマ達の現役時代にまで豊富な知識を誇る、まさに自動車界の生き字引というべきメンバーで、ボンネットの中や下まわりを覗くのなどは当たり前。ウインカーのクリック音まで判断して、オリジナル度を検定しているのには驚かされた。


第77回:クルマ好きを夢中にさせる、ペブルビーチでの一週間の画像
今年は、60周年を迎えるランドローバーが初めてペブルビーチに参加した。会場には「最初のランドローバー」と われる「HUE 166」も展示された。
今年は、60周年を迎えるランドローバーが初めてペブルビーチに参加した。会場には「最初のランドローバー」と われる「HUE 166」も展示された。

第77回:クルマ好きを夢中にさせる、ペブルビーチでの一週間の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ