第59回:フィアット、次の手は「田舎娘」作戦だ!

2008.09.20 エッセイ

第59回:フィアット、次の手は「田舎娘」作戦だ!

「なんちゃって四駆」はダメ

日本の雑誌でイタリア特集なんぞを組むと、かなりの確率で「ミラネーゼのおしゃれなライフスタイル」といった感じの切り口で始まる。
しかし、本当のイタリア人はカンパーニャ、つまり田舎好きである。
今は都会で働いていても、いつか山の中に大きな家を建てようと夢見ている人は多い。吉幾三による往年のヒット曲『俺ら東京さ行ぐだ』の逆を行っているのだ。

また、都会に住んでいても田舎に家を持っていて、週末はそこで家族や仲間とワイワイ過ごす人も少なくない。そうした生活は、クルマ選びにも影響する。

イタリアの田舎は未舗装路が多い。それも砂利など敷いていない、ひどい山道が多々ある。また田舎暮らしには、暖炉や、趣味の農園がつきもの。薪、農作物、農機具を毎日クルマに積まなければならない。
そんな使い方をする人たちにとって内装真っ白革張りのSUVは必要ない。ましてや外観SUVその実二駆の「なんちゃって四駆」は最初から対象外なのである。

「イヴェコ」から復活することになった「カンパニョーラ」。
第59回:フィアット、次の手は「田舎娘」作戦だ!
第59回:フィアット、次の手は「田舎娘」作戦だ!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。