カフェマスターのヒトリゴト第5回:つながる想いと、つながる人たち

2008.09.19 エッセイ

カフェマスターのヒトリゴト第5回:つながる想いと、つながる人たち

名古屋で行なわれた「AUTOMOBILE ART exhibition 2008」の模様。
カフェマスターのヒトリゴト第5回:つながる想いと、つながる人たち

幕の内弁当のような

幕の内弁当を作りたい。

……。

いやいや、幕の内弁当みたいなイベントを作りたいということです。

難病の子供の夢をかなえることが目的のメイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン(以下MAWJ)。MAWJが主催する「湘南チャリティーライド2008」のイベントは、超目玉や大掛かりな仕掛けはないけれど、いろんな種類の具がたくさんつまった“盛りだくさん”なイベントなんです。

そのメニューをすこし紹介しましょう。
まずは、2回目にちょっとだけ紹介した、クルマを題材にした「AUTOMOBILE ART」のアーティストたちが、湘南イベントに作品を出展してくれることが決りました。

先日 「AUTOMOBILE ART exhibition 2008」を見に、名古屋まで行って来ました! 感動しました! イベント会場であの感動をみなさんに見せられるなんで願ってもないことです。楽しみにしていてください。

『cafe GIULIA』がオープンした時、お祝いに頂いた田中むねよしさんの絵。
カフェマスターのヒトリゴト第5回:つながる想いと、つながる人たち

人気漫画家の西風さんと田中むねよしさん

そして、人気漫画家の西風さんと田中むねよしさんもまた、このイベントに駆けつけてくださいます。二人ともクルマをテーマにした漫画を描いていますので、クルマ好きの方ならファンの人も多いことでしょう。このお二人の漫画家が一枚の絵を描いたら、これ凄いよね。そんな“夢”が現実のものになりそうです。

実は、西風さんとは歳が同じということもあり、時々二人で酒を酌み交わし、互いに信頼を寄せる友人なのです。田中むねよしさんは、僕の店がオープンしたとき、当時僕が所有していた「アルファ33スポーツワゴン」と「アルファ147」の絵を描いてプレゼントしてくれました。
田中さんと西風さん、出逢ったタイミングは違っていても、このイベントでつながります。

松田芳穂さん
カフェマスターのヒトリゴト第5回:つながる想いと、つながる人たち

フェラーリとスーパーバイク

さらに、フェラーリファンにはたまらない企画もあります。フェラーリのコレクターとして有名な松田芳穂さんは、愛車の「フェラーリ430スクーデリア」を持ち込んでくださることになりました。それもチャリティータクシーとして車両を提供くださるので、フェラーリに乗れるチャンスですよ。

フェラーリがらみでもうひとつ。
先日打ち合わせで出向いたイタリアのオートバイメーカー、ドゥカティ・ジャパンの担当者さまから
「ねぇ外舘さん、隣の自転車屋さんに凄い高価なフェラーリモデルの自転車があるよ」と聞いた僕らは、そのまま自転車屋さんへ。
「この自転車貸していただけませんか? 」と図々しくもお願いしてみたのです。呆気にとられた店長さんは、所有者であるイタリアの自転車メーカー、コルナゴジャパンを紹介してくれました。早速問い合わせたところ、フェラーリの60周年を記念して作られたスーパーバイク「COLNAGO for FERRARI 60th Anniversay」を展示してくださることになりました!
430スクーデリアとコルナゴの自転車を並べて展示します。その眺めは格別なものになるでしょう。

つながるってすばらしいですね。
さまざまなメニューの詰まった“幕の内イベント”楽しみにしてください。

(文=外舘ミツオ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。