リンカーンの新型SUV、「MKX」日本上陸

2008.09.19 自動車ニュース

リンカーンの新型SUV、「MKX」日本上陸

フォード・ジャパン・リミテッドは、新型SUV「リンカーンMKX」を日本に導入。2008年9月18日に発売した。

「MKX」は、フルサイズSUVの「ナビゲーター」に続くリンカーンブランドの第二弾。
「CUV」(クロスオーバーユーティリティビークル)を名乗る同車は、「プレミアムセダンの乗り心地や快適性と、SUVの走破性や安定性を兼ね備える」モデルで、「フォーマルからカジュアルまで、どんなドライビングシーンもラグジュアリーに演出する」という。

格子状のクロームグリルなどでリンカーンブランドをイメージさせる。ボディのサイズは、全長×全幅×全高=4750×1925×1705mmで、ホイールベースは2820mm。エンジンはレギュラー仕様の3.5リッターV6(269ps/6250rpm、34.6kgm/4500rpm)1種類のみで、6段ATを介し四輪を駆動する。

定員5人のインテリアは、メイプルウッドとブラックレザーシートを組み合わせモダンで気品ある空間を演出した。リアシートはリクライニング可能で、60:40の分割可倒式。パワーリフトゲートを備える荷室は、容量を最大1945リッターまで拡大できる。

そのほか、地デジフルセグチューナー内蔵のHDDナビや、前後席のシートヒーターを標準で装備する。
価格は650.0万円。左ハンドルのみ用意される。

(webCG 関)

「リンカーンMKX」
リンカーンの新型SUV、「MKX」日本上陸
インテリアはレザーが標準(ブラックのみ)。
リンカーンの新型SUV、「MKX」日本上陸
天井はワンタッチオープン機能付きの「パノラミック・ビスタルーフ」となる。
リンカーンの新型SUV、「MKX」日本上陸

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。