メルセデス、2009年夏発売のハイブリッド車を披露【パリサロン08】

2008.09.19 自動車ニュース

【パリサロン08】メルセデス、2009年夏発売のハイブリッド車を披露

メルセデス・ベンツは、2009年夏にも市販化に踏み切るSクラスのハイブリッドモデル「S400 BlueHYBRID」をパリサロンに出展する。

■クラストップレベルの低燃費を実現

メルセデス・ベンツ初のハイブリッド乗用車として2009年夏に市販が予定される「S400 BlueHYBRID」がパリサロンでお目見えする。S350をベースとし、もともと搭載される3.5リッターV6ガソリンエンジンと7段ATに電気モーターを組みあわせることで、燃費(NEDCモード)は7.9L/100km(約12.7km/L)を実現。また二酸化炭素排出量も、190g/kmとこのクラスではトップレベルの低さ。ちなみにレクサスLS600hのデータはそれぞれ9.3L/100km、219g/kmである。

電気モーターは、加速時にエンジンをアシストするとともに、減速時のエネルギー回収やスターターの役割を持つ。出力は15kW(20ps)に過ぎないが、スタート時のトルクが160Nm(16.3kgm)と大きいため、エンジンとモーターをあわせると最大385Nm(39.3kgm)の大トルクが手にはいる。円盤状のモーターはエンジンとオートマチックをつなぐトルクコンバーターのケースに収まるコンパクトさ。さらにバッテリーもエネルギー密度の高いリチウムイオンタイプを採用した結果、ハイブリッドシステム全体の重量は75kgと軽い仕上がりだ。

モーターによる減速時のエネルギー回収と加速のアシストに加えて、15km/h以下に減速した際に自動的にエンジンをオフし、発進時に再びエンジンをオンにするスタート/ストップ機能を搭載。その際、パワーステアリングやエアコンが機能するよう、いずれも電動パワーステアリング、電動エアコン(コンプレッサーのモーター駆動化)を採用し、燃費向上を図っている。エンジンそのものにも手が加えられ、“ミラーサイクル”の採用などにより熱効率をアップ。モーターによるアシストのおかげで、効率の高い領域での運転が可能になることから、省燃費、低排出ガスが期待できる。

メルセデス・ベンツはこのS400 BlueHYBRIDを、2009年6月の西ヨーロッパ市場を皮切りに、同じ年の8月に中国、9月にはアメリカに導入の予定。これにより、レクサスが先行する高級ハイブリッドカー市場がどう変わるのか? 見応えのある争いになりそうだ。

(文=生方聡)

メルセデス・ベンツ S400 BlueHYBRID
メルセデス・ベンツ S400 BlueHYBRID

メルセデス、2009年夏発売のハイブリッド車を披露【パリサロン08】の画像

メルセデス、2009年夏発売のハイブリッド車を披露【パリサロン08】の画像
ハイブリッドシステムの作動状況は、メーター内に表示される。
ハイブリッドシステムの作動状況は、メーター内に表示される。

メルセデス、2009年夏発売のハイブリッド車を披露【パリサロン08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る