ターボ版「ヴィッツ」さらにチューン 専用オプションも

2008.09.18 自動車ニュース

ターボ版「ヴィッツ」さらにチューン 専用オプションも

トヨタモデリスタインターナショナルは2008年9月16日、「トヨタ・ヴィッツRS」ベースのコンプリートカー「ヴィッツ TRDターボM」をさらにチューンナップ。専用ドレスアップパーツと併せて発売した。

今回、持ち前の専用スポーツサスペンションをさらにチューンナップ。「高速時の路面の吸い付き感、微少操舵時のロールとヨーの一体感ある素直な反応が特長」で、「スポーツサスペンションにありがちな突き上げ感を無くし、長距離ドライブでも疲れない、より高次元での走りのバランスを実現した」という。
価格は従来と変わらず、221万5500円(FF/5MTのみ)。

また「TRDターボM」用に、新たに専用オプション「Master kit」(マスターキット)を設定。ネッツ店を通じて発売した。

「3連メーターキット」「本革ステアリング」「17インチアルミホイル&タイヤセット」「スポーツパッド」「センタースポーツマフラー」、「センターマフラーガーニッシュ」のセットオプションで、価格は34万9650円(塗装済み)となっている。

(webCG 関)

新発売「マスターキット」を装着した、「ヴィッツ TRDターボM」。
新発売「マスターキット」を装着した、「ヴィッツ TRDターボM」。
こちらは“素”の「ヴィッツ TRDターボM」。
こちらは“素”の「ヴィッツ TRDターボM」。

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
ホームへ戻る