ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

2008.09.18 自動車ニュース

ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」系2モデルについて、トランスミッション「DSG」を6段から7段に変更。2008年9月18日に発売した。

今回変更が実施されたのは、ワゴンモデルの「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」と、スポーティセダン「ジェッタ TSI コンフォートライン」。ともに、ターボとスーパーチャージャーを併せ持つ1.4リッターエンジンを搭載するモデルだ。

従来、トランスミッションには湿式の6段DSGを組み合わせていたが、このたび乾式の7段DSGにバトンタッチ。10・15モード燃費を7%改善(14.0→15.0km/リッター)させ、ユーザーの低燃費志向に対応したという。
なお、最大トルクこそ24.5kgmで変わらないものの、エンジンの最高出力は170psから160psに若干ダウンした。

カーオーディオのデザインを一新し、外部入力端子を追加するなど機能を強化したのも変更点。

価格はともに3.0万円アップして、「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」が302.0万円。「ジェッタ TSI コンフォートライン」が300.0万円。
ゴルフヴァリアントの「TSI スポーツライン」「TSI トレンドライン」、ジェッタの「2.0 TSI スポーツライン」といった他グレードについては、装備、価格とも変更なし。

(webCG 関)

「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。

関連キーワード:
ジェッタゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4... 2017.10.27 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ジェッタTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT... 2007.10.17 試乗記