ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

2008.09.18 自動車ニュース

ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」系2モデルについて、トランスミッション「DSG」を6段から7段に変更。2008年9月18日に発売した。

今回変更が実施されたのは、ワゴンモデルの「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」と、スポーティセダン「ジェッタ TSI コンフォートライン」。ともに、ターボとスーパーチャージャーを併せ持つ1.4リッターエンジンを搭載するモデルだ。

従来、トランスミッションには湿式の6段DSGを組み合わせていたが、このたび乾式の7段DSGにバトンタッチ。10・15モード燃費を7%改善(14.0→15.0km/リッター)させ、ユーザーの低燃費志向に対応したという。
なお、最大トルクこそ24.5kgmで変わらないものの、エンジンの最高出力は170psから160psに若干ダウンした。

カーオーディオのデザインを一新し、外部入力端子を追加するなど機能を強化したのも変更点。

価格はともに3.0万円アップして、「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」が302.0万円。「ジェッタ TSI コンフォートライン」が300.0万円。
ゴルフヴァリアントの「TSI スポーツライン」「TSI トレンドライン」、ジェッタの「2.0 TSI スポーツライン」といった他グレードについては、装備、価格とも変更なし。

(webCG 関)

「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。
ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る