ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

2008.09.18 自動車ニュース

ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」系2モデルについて、トランスミッション「DSG」を6段から7段に変更。2008年9月18日に発売した。

今回変更が実施されたのは、ワゴンモデルの「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」と、スポーティセダン「ジェッタ TSI コンフォートライン」。ともに、ターボとスーパーチャージャーを併せ持つ1.4リッターエンジンを搭載するモデルだ。

従来、トランスミッションには湿式の6段DSGを組み合わせていたが、このたび乾式の7段DSGにバトンタッチ。10・15モード燃費を7%改善(14.0→15.0km/リッター)させ、ユーザーの低燃費志向に対応したという。
なお、最大トルクこそ24.5kgmで変わらないものの、エンジンの最高出力は170psから160psに若干ダウンした。

カーオーディオのデザインを一新し、外部入力端子を追加するなど機能を強化したのも変更点。

価格はともに3.0万円アップして、「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」が302.0万円。「ジェッタ TSI コンフォートライン」が300.0万円。
ゴルフヴァリアントの「TSI スポーツライン」「TSI トレンドライン」、ジェッタの「2.0 TSI スポーツライン」といった他グレードについては、装備、価格とも変更なし。

(webCG 関)

「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。

関連キーワード:
ジェッタゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(フォルクスワーゲン) 2018.3.30 画像・写真 フォルクスワーゲンはニューヨークショー2018の会場に、コンセプトモデル「アトラス クロススポーツ コンセプト」や新型「ジェッタ」を出展した。各車のディテールを写真で紹介する。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
ホームへ戻る