イタリアで、人気の劇画をモチーフにした特別な「フィアット500」発表

2008.09.18 自動車ニュース
「フィアット500ディアボリカ」
イタリアで、人気の劇画をモチーフにした特別な「フィアット500」発表

イタリアで、人気の劇画をモチーフにした特別な「フィアット500」発表

伊トリノのチューナー「ストゥディオトリノ」は、2008年9月12日、イタリアの劇画「ディアボリック」を題材にしたフィアット500「ディアボリカ(DIABOLIKA)」を発表した。

赤いアクセントが施されている。
赤いアクセントが施されている。
主人公と恋人がプリントされたフロントシート。
主人公と恋人がプリントされたフロントシート。
リアシートには、パトカーに追跡される500ディアボリカがプリント。
リアシートには、パトカーに追跡される500ディアボリカがプリント。

■やっぱり怪盗はチンクエチェントがお好き?

「ディアボリック」とは、黒タイツに身をつつんだ怪盗が弱きを助け強きを挫くストーリー。1962年の創刊以来、イタリアで根強い人気の劇画だ。

「フィアット500 ディアボリカ」のベースとなるのは、500のスポルト仕様。ボディカラーは艶消しブラックで、テールランプからリヤフェンダーにかけて劇画のイメージカラーである赤いラインが施されている。

劇中で主人公が「ジャガーEタイプ」を乗り回していることにちなみ、それをイメージさせるボラーニ(ルオーテ・ミラノ)製スポークホイールが奢られている。ブレーキはブレンボ製。
タイヤはピレリがこの車のために製作したもので、トレッドパターンには劇画主人公の眼が彫られているという凝りようだ。

インテリアに目を移すと、前席とサンルーフシェイドには主人公とその恋人、後席にはパトカーの追跡を受ける500ディアボリカがプリントされている。リモコンキーと小物入れにも、劇画のシーンがデコパージュの手法で貼られる。
またステアリングやシフトレバーの手縫いステッチにはイメージカラーの赤が使われた。

ディアボリカは限定50台の販売予定で、価格は未定。

ストゥディオトリノは、「ディアボリカのステアリングを握ることで、ドライバー自らが劇画の主人公となって新たなストーリーを展開してほしい」とアピールしている。

気をつけろ、こんなところからも覗かれている!
気をつけろ、こんなところからも覗かれている!
劇画のシーンが施されたキーと小物入れ。
劇画のシーンが施されたキーと小物入れ。
ブレンボ製ブレーキ。スポークホイールはボラーニ(ルオーテ・ミラノ)製。
ブレンボ製ブレーキ。スポークホイールはボラーニ(ルオーテ・ミラノ)製。

それにしてもディアボリックといい、ルパン三世といい、“やさしい怪盗”は500がお好きなようで。

(文=大矢麻里、Mari OYA/写真=STUDIOTORINO)

ピレリの特製タイヤ。
イタリアで、人気の劇画をモチーフにした特別な「フィアット500」発表
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る