第368回:初試乗「トヨタiQプロト」!
もしやコイツでヴィッツ作ったらサイコーかも?

2008.09.18 エッセイ

第368回:初試乗「トヨタiQプロト」!もしやコイツでヴィッツ作ったらサイコーかも?

トヨタには珍しいプロダクトアウトなクルマ

なんかいけませんね、ネット原稿って。ついつい直近の雑誌仕事に忙殺されて、いつの間にやら『勢いまかせ』には多大なる空白が……(遠い目)。

ってなわけで再び仕切り直し! まずは最近の大ネタからいきましょう。そ、今期サイコーの話題作、「トヨタiQ」よ。
webCG読者なら知ってると思うけど、このクルマ、全長3mの極小ボディの中に人が4人、正確には大人3人+子供1人が乗れるっていう超画期的高効率パッケージがウリ。そしてiQの実車に、ついに乗れることになったのだ。

とはいえそれはプロトタイプで、しかもトヨタ様の某テストコース内。トヨタがこの時期にわざわざプロトをジャーナリスト(一部一般人にも乗せてるらしい)に公開するなんてまさに初代「プリウス」並みの仰々しさで、まるで大家族に久々に生まれた初孫のような扱いだったんだな。それもそのはずiQは、世界の大トヨタが久々おっかなビックリ出す“プロダクトアウト”なクルマ。ある意味、プリウスの心情的兄弟分なのであーる。

たしかに燃費は一番いいグレードで10・15モードで23kmは楽勝かつ実質18km前後はいくらしいし、CO2排出量もヨーロッパ基準で1kmあたり99gとプリウスを凌ぐみたいだけど、問題はそういうことではない。
ようするにこのクルマはマーケティング、つまり綿密な市場調査した結果「これなら売れる!」と踏んで作った商品ではなく、そもそも先行開発部隊が、ユニークなフロントデフ反転配置エンジンレイアウト、超薄型床下ガソリンタンク、超小型エアコンレイアウトなどを発案し、「それをいかに使うべきか?」という発想の元に作られたらしいのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』