メルセデス、ディーゼルエンジン搭載のクーペコンセプトを出展【パリサロン08】

2008.09.17 自動車ニュース

【パリサロン08】メルセデス、ディーゼルエンジン搭載のクーペコンセプトを出展

独ダイムラーは、2008年10月2日から開催されるパリモーターショー(通称パリサロン)に、「メルセデス・ベンツ コンセプト・ファシネーション」をワールドプレミアとして出展する。

「コンセプト・ファシネーション」は、スポーティとエレガントを融合させたという、“シューティングブレーク”ルックなエクステリアを持つ。大きな荷室を持ち、ユーザビリティを高めるとともに、速さを感じさせるクーペスタイルを追求した。
レザーとウッド、アルミニウムで飾られたインテリアには、独立した4座のスポーティなシートが与えられる。

エンジンには204psを発生する、2.2リッターの直4“ブルーテック”ディーゼルユニットが採用された。

(webCG 本諏訪)


【パリサロン08】メルセデス、ディーゼルエンジン搭載のクーペコンセプトを出展

メルセデス、ディーゼルエンジン搭載のクーペコンセプトを出展【パリサロン08】

メルセデス、ディーゼルエンジン搭載のクーペコンセプトを出展【パリサロン08】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。