トップ > インプレッション >メルセデス・ベンツA170エレガンス(FF/CVT)【短評】 (2008.9.17)
メルセデス・ベンツA170エレガンス(FF/CVT)【短評】
【スペック】全長×全幅×全高=3885×1765×1595mm/ホイールベース=2570mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4SOHC 8バルブ(116ps/5500rpm、15.8kgm/3500-4000rpm)/価格=305.0万円(テスト車=355.4万円/パッケージオプションII=16.8万円/ラグジュアリーパッケージ=33.6万円)

少数精鋭主義

メルセデス・ベンツA170エレガンス(FF/CVT)【短評】

メルセデス・ベンツA170エレガンス(FF/CVT)
……355.4万円

女性に人気という「メルセデス・ベンツ Aクラス」がフェイスリフト。1.7リッターのみにラインナップを絞り込んだが、走りに不満はないのか?

スリムになったラインナップ

2005年のデビューから3年、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル「Aクラス」の2代目が初のマイナーチェンジを実施し、さっそく日本にお目見えした。

細かい変更点はいろいろあるが、私の一番の関心事はラインナップのスリム化である。これまでは、1.7リッターエンジンを積む「A170」「A170エレガンス」、2リッターの「A200エレガンス」、そして2リッターターボの「A200ターボアバンギャルド」がレギュラーのグレードとして用意されていた。

しかし、販売に占める割合はA170/A170エレガンスが圧倒的に高かったという。そもそも1.7リッターでも十分実用的であることに加え、加速性能にさほどこだわらない女性の支持が多かったこと、そして、2リッターエンジンの排気量が実は2リッター超の2034ccだった(つまり自動車税区分が2リッター以上2.5リッター未満に属する)ことが、1.7リッターモデルの人気を高めたのだろう。

そこで、今回のマイナーチェンジを機にエンジンを1.7リッター1本に絞り、「A170」と「A170エレガンス」の2グレードだけで、エントリーモデルの大役を担うことになったわけだ。

mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (インプレッション)

注目の情報[PR]