【スペック】全長×全幅×全高=3885×1765×1595mm/ホイールベース=2570mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4SOHC 8バルブ(116ps/5500rpm、15.8kgm/3500-4000rpm)/価格=305.0万円(テスト車=355.4万円/パッケージオプションII=16.8万円/ラグジュアリーパッケージ=33.6万円)

メルセデス・ベンツA170エレガンス(FF/CVT)【試乗記】

少数精鋭主義 2008.09.17 試乗記 メルセデス・ベンツA170エレガンス(FF/CVT)
……355.4万円

女性に人気という「メルセデス・ベンツ Aクラス」がフェイスリフト。1.7リッターのみにラインナップを絞り込んだが、走りに不満はないのか?

スリムになったラインナップ

2005年のデビューから3年、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル「Aクラス」の2代目が初のマイナーチェンジを実施し、さっそく日本にお目見えした。

細かい変更点はいろいろあるが、私の一番の関心事はラインナップのスリム化である。これまでは、1.7リッターエンジンを積む「A170」「A170エレガンス」、2リッターの「A200エレガンス」、そして2リッターターボの「A200ターボアバンギャルド」がレギュラーのグレードとして用意されていた。

しかし、販売に占める割合はA170/A170エレガンスが圧倒的に高かったという。そもそも1.7リッターでも十分実用的であることに加え、加速性能にさほどこだわらない女性の支持が多かったこと、そして、2リッターエンジンの排気量が実は2リッター超の2034ccだった(つまり自動車税区分が2リッター以上2.5リッター未満に属する)ことが、1.7リッターモデルの人気を高めたのだろう。

そこで、今回のマイナーチェンジを機にエンジンを1.7リッター1本に絞り、「A170」と「A170エレガンス」の2グレードだけで、エントリーモデルの大役を担うことになったわけだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.17 試乗記 「AMG」の名を冠する初のスポーツコンパクト「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」に試乗。控えめなデザインのボディーに隠された「ダンディズム」に触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る