第7戦もてぎ 決勝レース結果【SUPER GT 08 速報】

2008.09.14 自動車ニュース

【SUPER GT 08 速報】第7戦もてぎ 決勝レース結果

2008年9月14日、SUPER GT第7戦の決勝が栃木県のツインリンクもてぎで行われた。

GT500クラスを制したのは、ロニー・クインタレッリ/横溝直輝組のNo.3 YellowHat YMS TOMICA GT-R。初優勝をポール・トゥ・ウィンで飾った。
2位は、No.1 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン/伊沢拓也組)で、3位に入ったのは、No.36 PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー)。

以下、10位までの順位は、
4位 No.6 ENEOS SC430(飯田章/ビヨン・ビルドハイム)
5位 No.32 EPSON NSX(ロイック・デュバル/平中 克幸)
6位 No.35 宝山 KRAFT SC430(ピーター・ダンブレック/片岡龍也)
7位 No.22 MOTUL AUTECH GT-R(ミハエル・クルム/柳田真孝)
8位 No.18 TAKATA 童夢 NSX(道上龍/小暮卓史)
9位 No.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/リチャード・ライアン)
10位 No.25 ECLIPSE ADVAN SC430(土屋武士/石浦宏明)
となった。

なお、GT300クラスのトップは、織戸学/阿部翼組のウェッズスポーツIS350で、こちらも今季初優勝。2位は、No.2 プリヴェKENZOアセット・紫電(高橋一穂/加藤寛規組)、3位には、No.66 triple a ムルシェRG-1(山西康司/余郷敦組)が入った。

(webCG)

第7戦もてぎ 決勝レース結果【SUPER GT 08 速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。