第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】

2008.09.12 自動車ニュース

【パリサロン08】第4の「MINI」は“4×4×4×4”

2008年10月2日から開催されるパリモーターショー(通称パリサロン)に出展する「MINI」のコンセプトカーが明らかになった。「MINIクロスオーバーコンセプト」という、とてもユニークなデザインスタディだ。

■「MINI」お前もか!

基本モデルに飽きたらず、コンバーチブル、クラブマンとボディタイプを増やしてきたMINIが、また新たなジャンルを開拓する。第4のMINIになるかもしれないコンセプトカーは「4×4×4×4 MINI」と表現される流行のクロスオーバー。4ドア、4WD、独立4座、そして全長4mが特徴のクロスオーバーコンセプトだ。

MINIらしい“ひねり”が、MINI初の4ドアモデルに採用する第4のドア。運転席、助手席、そして助手席側後部には常識的なドアが備わる一方、運転席側後部の第4のドアはスライドドアとすることで、広い開口部を実現する。さらに、リアゲートはスイングタイプを採用、開けたときにボディサイドまで回り込むスタイルがまたユニークだ。

■インテリアを楽しくアレンジ

インテリアは、フロントシートに加えて、リアも左右独立タイプとし、前後スライド機能も備えている。左右シートの間には「MINIセンターレール」と名づけられたアルミのレールがキャビンを縦断するように配置される。ここにはカップホルダーをはじめ、収納、カーエンターテインメントといった装備をマウントすることができるのだ。

ダッシュボードには「MINIセンターグローブ」なる半球状の3Dのディスプレイをレイアウト。ナビゲーションシステムやカーエンターテインメントの新しいインターフェースを提案している。

MINIセンターグローブはともかく、4×4×4×4のコンセプトやMINIセンターレールなどは十分現実的。果たしてMINIクロスオーバーコンセプトが第4のモデルに発展するのか? パリサロンでの反響が楽しみである。

(文=生方 聡)

 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る