第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】

2008.09.12 自動車ニュース

【パリサロン08】第4の「MINI」は“4×4×4×4”

2008年10月2日から開催されるパリモーターショー(通称パリサロン)に出展する「MINI」のコンセプトカーが明らかになった。「MINIクロスオーバーコンセプト」という、とてもユニークなデザインスタディだ。

■「MINI」お前もか!

基本モデルに飽きたらず、コンバーチブル、クラブマンとボディタイプを増やしてきたMINIが、また新たなジャンルを開拓する。第4のMINIになるかもしれないコンセプトカーは「4×4×4×4 MINI」と表現される流行のクロスオーバー。4ドア、4WD、独立4座、そして全長4mが特徴のクロスオーバーコンセプトだ。

MINIらしい“ひねり”が、MINI初の4ドアモデルに採用する第4のドア。運転席、助手席、そして助手席側後部には常識的なドアが備わる一方、運転席側後部の第4のドアはスライドドアとすることで、広い開口部を実現する。さらに、リアゲートはスイングタイプを採用、開けたときにボディサイドまで回り込むスタイルがまたユニークだ。

■インテリアを楽しくアレンジ

インテリアは、フロントシートに加えて、リアも左右独立タイプとし、前後スライド機能も備えている。左右シートの間には「MINIセンターレール」と名づけられたアルミのレールがキャビンを縦断するように配置される。ここにはカップホルダーをはじめ、収納、カーエンターテインメントといった装備をマウントすることができるのだ。

ダッシュボードには「MINIセンターグローブ」なる半球状の3Dのディスプレイをレイアウト。ナビゲーションシステムやカーエンターテインメントの新しいインターフェースを提案している。

MINIセンターグローブはともかく、4×4×4×4のコンセプトやMINIセンターレールなどは十分現実的。果たしてMINIクロスオーバーコンセプトが第4のモデルに発展するのか? パリサロンでの反響が楽しみである。

(文=生方 聡)

 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【海外試乗記】 2017.6.6 試乗記 2代目となる新型「MINIクロスオーバー」に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「クーパーS E ALL4」が登場。1.5リッター直3ターボエンジンと電動モーターが織り成す走りを、スペイン・バルセロナで試した。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.6.2 試乗記 フルモデルチェンジでさらに大きくなった「MINIクロスオーバー」に試乗。ベーシックな「クーパーD」グレードで素の実力を……と思いきや、試乗車には100万円分以上のオプションがてんこ盛りで、価格はなんと500万円オーバー! こちらの取捨選択についても真剣に考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
ホームへ戻る