第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】

2008.09.12 自動車ニュース

【パリサロン08】第4の「MINI」は“4×4×4×4”

2008年10月2日から開催されるパリモーターショー(通称パリサロン)に出展する「MINI」のコンセプトカーが明らかになった。「MINIクロスオーバーコンセプト」という、とてもユニークなデザインスタディだ。

■「MINI」お前もか!

基本モデルに飽きたらず、コンバーチブル、クラブマンとボディタイプを増やしてきたMINIが、また新たなジャンルを開拓する。第4のMINIになるかもしれないコンセプトカーは「4×4×4×4 MINI」と表現される流行のクロスオーバー。4ドア、4WD、独立4座、そして全長4mが特徴のクロスオーバーコンセプトだ。

MINIらしい“ひねり”が、MINI初の4ドアモデルに採用する第4のドア。運転席、助手席、そして助手席側後部には常識的なドアが備わる一方、運転席側後部の第4のドアはスライドドアとすることで、広い開口部を実現する。さらに、リアゲートはスイングタイプを採用、開けたときにボディサイドまで回り込むスタイルがまたユニークだ。

■インテリアを楽しくアレンジ

インテリアは、フロントシートに加えて、リアも左右独立タイプとし、前後スライド機能も備えている。左右シートの間には「MINIセンターレール」と名づけられたアルミのレールがキャビンを縦断するように配置される。ここにはカップホルダーをはじめ、収納、カーエンターテインメントといった装備をマウントすることができるのだ。

ダッシュボードには「MINIセンターグローブ」なる半球状の3Dのディスプレイをレイアウト。ナビゲーションシステムやカーエンターテインメントの新しいインターフェースを提案している。

MINIセンターグローブはともかく、4×4×4×4のコンセプトやMINIセンターレールなどは十分現実的。果たしてMINIクロスオーバーコンセプトが第4のモデルに発展するのか? パリサロンでの反響が楽しみである。

(文=生方 聡)

 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像
 
第4の「MINI」は“4×4×4×4”【パリサロン08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 話題のPHEVも設定、新型「MINIクロスオーバー」登場 2017.2.23 自動車ニュース BMWジャパンが新型「MINIクロスオーバー」を発売。初代より一回り大きくなったボディーが特徴で、パワープラントにはMINI最新のディーゼルエンジンと8ATを採用。またブランド初となるプラグインハイブリッド車も設定されている。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 【ジュネーブショー2017】ボルボ、ミドルサイズSUVの新型「XC60」を発表 2017.3.7 自動車ニュース ボルボが新型「XC60」をジュネーブショーで発表。従来モデルから運転支援システムを強化しており、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する「パイロットアシスト」を初採用。パワープラントにはプラグインハイブリッドも用意されている。
ホームへ戻る