【スペック】全長×全幅×全高=4460×1810×1690mm/ホイールベース=2605mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(170ps/4300-6000rpm、28.6kgm/1700-4200rpm)/価格=360.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン トラック&フィールド(4WD/6AT)【試乗速報】

気になる点はひとつ 2008.09.12 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン トラック&フィールド(4WD/6AT)
……360.0万円


ドイツにおける人気ナンバーワンSUVが、2008年9月にニッポン上陸。はたして、その実力やいかに? オン/オフでそれぞれ試した。 

オンロードでは虎、オフロードではイグアナ

第1問
トンボとカエルが結婚すると「とんぼ返り」ですが、虎(Tiger)とイグアナ(Leguan)が結婚すると何になるでしょう?

第2問
顔がイヌで体がウナギだと「ウナギイヌ」、では、前が「パサート」で後ろが「ゴルフ」だというフォルクスワーゲンのクルマは何?

2問とも、正解は2008年9月末より日本に導入されるコンパクトSUV、「フォルクスワーゲン・ティグアン」。
まずティグアン(Tiguan)というネーミングは、ダイナミックな虎と粘り強いイグアナからインスピレーションを得ているという。つまりオンロードでは虎のように躍動し、オフロードではイグアナのように斜面にへばりつく、というわけだ。

また、ボディのフロントからセンターまではパサートをベースに、リアのセクションはゴルフをベースに開発。結果、「ゴルフトゥーラン」とほぼ同じサイズのボディに仕上がった。

日本に導入されるのは、2リッターのTSI(ガソリン直噴+ターボ)ユニットにティプトロニック付きの6段ATを組み合わせた仕様。ヨーロッパ全体では昨年末のデビュー後わずか3週間で4万台もの受注があり、本国ドイツでは本年1月〜7月におけるSUVセグメントの売り上げ台数ナンバーワンに輝いたというヒット作、その実力やいかに?

ティグアンの外寸は、ゴルフ トゥーランより4cm長く、1.5cm幅が広い。本文にもあるようにボディの前半部分はパサート、後半はゴルフをベースにして新しいモノコックを開発した。
ティグアンの外寸は、ゴルフ トゥーランより4cm長く、1.5cm幅が広い。本文にもあるようにボディの前半部分はパサート、後半はゴルフをベースにして新しいモノコックを開発した。
シックで機能的な、フォルクスワーゲンらしい意匠の内装。HDDのカーナビはETC車載器などとのセットオプションで27万3000円。リアビューモニターは標準で装備される。
シックで機能的な、フォルクスワーゲンらしい意匠の内装。HDDのカーナビはETC車載器などとのセットオプションで27万3000円。リアビューモニターは標準で装備される。
楕円をモチーフとしたリアのコンビネーションランプは、VWのイオスやパサートとの近似性を感じさせるエレガントな造形。タフなフロントマスクとの対比が面白い。
楕円をモチーフとしたリアのコンビネーションランプは、VWのイオスやパサートとの近似性を感じさせるエレガントな造形。タフなフロントマスクとの対比が面白い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る