「アウディQ7」のクリーンディーゼル版が上陸決定

2008.09.11 自動車ニュース

「アウディQ7」のクリーンディーゼル版が上陸決定

アウディ・ジャパンは、2010年をめどに、SUV「Q7」のクリーンディーゼルモデル「Q7 3.0 TDI」を導入すると発表した。

1989年以降、直噴ディーゼルエンジン「TDI」搭載モデルを約500万台販売してきたアウディ。お膝元の欧州では、「TT」をはじめスポーツモデルにもディーゼルの実績があり、TDIモデルがアウディ全販売台数の72%を占める。

今回日本導入が決まった「Q7 3.0 TDI」の心臓は、同社が「ハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・ディーゼル・エンジン」と呼ぶディーゼルターボユニット。平均燃費の公表値は11.0km/リッターで、現在世界で最も厳しい排ガス規制となる2009年導入予定の「ポスト新長期規制」(日本)をクリア。さらに、アメリカの「LEV II BIN 5」、2014年にヨーロッパで採用される「EU6」もクリアする見込みだ。

出力のほうは221psと56.1kgmで、大トルクを活かし0-100km/h加速を8.5秒でこなす。最高速度は、210km/h(アダプティブエアサスペンション装備車は216km/h)と伝えられる。

2009年から欧米の市場に投入されるこのエンジンは、続く日本でも搭載モデルを順次拡大。2015年までに、日本におけるアウディ全販売台数の10%に達する予定だという。

(webCG 関)

「アウディQ7」のクリーンディーゼル版が上陸決定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る