「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

2008.09.10 自動車ニュース

「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

フォード・ジャパン・リミテッドは、「エスケープ」に特別仕様車「タフ アピアランス」を設定し、2008年9月10日に販売を開始した。

■通常設定のないホワイトのボディ色を採用

エスケープ タフ アピアランスは、2.3リッターエンジン搭載の「XLT」をベースに、専用のボディカラーや装備を追加した特別仕様車だ。

標準モデルとの差異は、新色「ダイヤモンドホワイト」のボディカラーと、専用ランニングガード&フューエルフラップカバー、スプラッシュガードが装備される点。これらにより、さらにSUVらしい“タフさ”が強調されたという。

価格はベース車の3万円高となる258.0万円。80台限定で販売される。

(webCG 曽宮)

エスケープ タフアピアランス
エスケープ タフアピアランス
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。

関連キーワード:
エスケープフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.4 試乗記 2015年10月の大幅改良により、新デザインのフロントマスクと2.3リッターターボエンジンが採用された「フォード・エクスプローラー」。0.3リッターの排気量アップが走りにもたらした変化確かめながら、あらためてエクスプローラーというクルマが持つ魅力に触れた。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る