「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

2008.09.10 自動車ニュース

「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

フォード・ジャパン・リミテッドは、「エスケープ」に特別仕様車「タフ アピアランス」を設定し、2008年9月10日に販売を開始した。

■通常設定のないホワイトのボディ色を採用

エスケープ タフ アピアランスは、2.3リッターエンジン搭載の「XLT」をベースに、専用のボディカラーや装備を追加した特別仕様車だ。

標準モデルとの差異は、新色「ダイヤモンドホワイト」のボディカラーと、専用ランニングガード&フューエルフラップカバー、スプラッシュガードが装備される点。これらにより、さらにSUVらしい“タフさ”が強調されたという。

価格はベース車の3万円高となる258.0万円。80台限定で販売される。

(webCG 曽宮)

エスケープ タフアピアランス
エスケープ タフアピアランス
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る