「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

2008.09.10 自動車ニュース

「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

フォード・ジャパン・リミテッドは、「エスケープ」に特別仕様車「タフ アピアランス」を設定し、2008年9月10日に販売を開始した。

■通常設定のないホワイトのボディ色を採用

エスケープ タフ アピアランスは、2.3リッターエンジン搭載の「XLT」をベースに、専用のボディカラーや装備を追加した特別仕様車だ。

標準モデルとの差異は、新色「ダイヤモンドホワイト」のボディカラーと、専用ランニングガード&フューエルフラップカバー、スプラッシュガードが装備される点。これらにより、さらにSUVらしい“タフさ”が強調されたという。

価格はベース車の3万円高となる258.0万円。80台限定で販売される。

(webCG 曽宮)

エスケープ タフアピアランス
エスケープ タフアピアランス
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。

関連キーワード:
エスケープフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】 2018.3.2 試乗記 これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100スペシャル(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.7 試乗記 往年のダートトラッカーを思わせるスタイリングと、ビート感あふれるL型2気筒エンジンが魅力の「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、リッターオーバーの大排気量を誇る「1100」が登場。その出来栄えを、ポルトガルのワインディングロードで確かめた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る