「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

2008.09.10 自動車ニュース

「フォード・エスケープ」に白い特別仕様車

フォード・ジャパン・リミテッドは、「エスケープ」に特別仕様車「タフ アピアランス」を設定し、2008年9月10日に販売を開始した。

■通常設定のないホワイトのボディ色を採用

エスケープ タフ アピアランスは、2.3リッターエンジン搭載の「XLT」をベースに、専用のボディカラーや装備を追加した特別仕様車だ。

標準モデルとの差異は、新色「ダイヤモンドホワイト」のボディカラーと、専用ランニングガード&フューエルフラップカバー、スプラッシュガードが装備される点。これらにより、さらにSUVらしい“タフさ”が強調されたという。

価格はベース車の3万円高となる258.0万円。80台限定で販売される。

(webCG 曽宮)

エスケープ タフアピアランス
エスケープ タフアピアランス
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
特別仕様車専用のシルバープレート付きランニングガード。ラフロードでボディを保護する効果がある。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。
通常はボディと同色のフューエルフラップカバーが、特別仕様車ではシルバーとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスケープの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る