「ポルシェ・カイエン」にラリーカーテイストの特別仕様車

2008.09.09 自動車ニュース

「ポルシェ・カイエン」にラリーカーテイストの特別仕様車

独ポルシェAGは、SUVの「カイエン」に大陸横断ラリー「トランスシベリア」のレースカーをイメージした特別仕様車「カイエンSトランスシベリア」を追加し、2009年初頭に発売すると発表した。

「トランスシベリア」は、モスクワからモンゴルの首都ウランバートルまでを走破する大陸横断ラリー。ポルシェは2006年に「カイエンS」で優勝をして以来、3年連続の総合優勝を果たしている。
このラリーカーのイメージを市販車で表現したモデルが、このたびパリサロンで発表となる「カイエンSトランスシベリア」だ。

「カイエンS」をベースに、4.8リッターV8エンジンを「カイエンGTS」同等(405ps、51.0kgm)にパワーアップ。最終減速比をローギアード化することにより、加速性能もアップさせた。
電子制御ダンパーコントロールシステムのPASMに加え、ライドハイトコントロール&セルフレベリング機能を標準装備。ボディ外板のカラーリングには、競技車両を模したデザイン4種が用意される。

さらにオプションで用意される「オフロードテクノロジーパッケージ」を選ぶことで、電子制御可変式ディファレンシャルロックをはじめ、スキッドプレート付き高強度ロックレール、強化エンジンルームガード、燃料タンクとリアアクスルのプロテクター、牽引フックなど、ハードなオフロード走行を助ける装備が追加される。

アルカンターラを多く使ったインテリアには、ドアトリムやシートベルト、フロアマットの縁取りなどにコントラストカラーが採り入れられた。ステアリングホイールは、ラリー車さながらの12時位置を示すマーキングが施されたもの。

なお、「カイエンSトランスシベリア」の日本への導入時期や価格などは明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)


「ポルシェ・カイエン」にラリーカーテイストの特別仕様車の画像

「ポルシェ・カイエン」にラリーカーテイストの特別仕様車の画像

「ポルシェ・カイエン」にラリーカーテイストの特別仕様車の画像

「ポルシェ・カイエン」にラリーカーテイストの特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場 2017.6.9 自動車ニュース 独ポルシェは2017年6月8日(現地時間)、最高出力607psを発生する新たな高性能モデル「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」を発表した。
  • 「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様が登場 2017.6.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月7日、「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様を追加設定し、販売を開始した。同社がAMGモデルの販売を始めた2001年以降で、「Gクラス」のAMGモデルとしては初の右ハンドル仕様となる。価格は1971万円。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 「Eクラス」史上最速の「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」発売 2017.5.31 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月31日、「Eクラス セダン」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」を発表し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る