「ホンダ・レジェンド」、マイナーチェンジでパワーアップ!

2008.09.05 自動車ニュース

「ホンダ・レジェンド」、マイナーチェンジでパワーアップ!

本田技研工業は、フラッグシップセダン「レジェンド」にマイナーチェンジを施し、2008年9月5日に発売した。

2004年10月の発売からほぼ4年。ホンダのフラッグシップにテコ入れが実施された。
外観は、大型のグリルやスポイラーで、フロントまわりをイメージチェンジ。さらに、一体型のトランクフードや新デザインの17インチアルミホイールなどで変化を与えた。
同時に、ブラッククロームメッキパーツや18インチアルミホイールなどが特徴のスポーティグレード、「ユーロ」が新設された。

中身で一番の変化は、心臓部。従来の3.5リッターV6に代えて新型の3.7リッターV6ユニットを搭載。出力は300ps/6200rpm、36.0kgm/5000rpmから309ps/6300rpm、37.7kgm/5000rpmにアップした。

さらに、ステアリング操作をアシストし車両の挙動を安定させる「モーションアダプティブEPS」や、ローギアから制御することで日常域での旋回性能を高めたという「SH-AWD」も装備。
安全面では、対人衝突時にボンネットを持ち上げて歩行者の頭部衝撃を低減する「ポップアップフードシステム」を、国内販売モデルでは初めて採用した。

全モデルに新型のHDDインターナビシステムが搭載されるのもアピールポイントで、新サービス「インターナビ・ルート」による、目的に合わせたルート配信サービスが受けられる。

価格は、「レジェンド」が555.0万円から665.0万円、「レジェンド ユーロ」が593.0万円から635.0万円までとなっている。

(webCG 関)

新設グレードの「レジェンド ユーロS」。
新設グレードの「レジェンド ユーロS」。
「レジェンド ユーロL」のリアビュー。
「レジェンド ユーロL」のリアビュー。
「ポップアップフードシステム」が動作したところ。
「ポップアップフードシステム」が動作したところ。
新型「レジェンド」のインテリア。HDDインターナビシステムは標準で備わる。
新型「レジェンド」のインテリア。HDDインターナビシステムは標準で備わる。

関連キーワード:
レジェンドホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.8.14 試乗記 セダン市場での再起をかけ、ホンダが送り込んだ新型車「アコード ハイブリッド」。「燃費がいい」の一言では言い尽くせない、ハイブリッドセダンの本当の魅力とは?
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
ホームへ戻る