7人乗れるプジョー308「SW」が日本デビュー

2008.09.04 自動車ニュース

7人乗れるプジョー308「SW」が日本デビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミドルクラスの「308」シリーズに7人乗り3列シートのミニバンモデル「SW」を追加設定。2008年9月8日に発売する。

■グラスルーフは史上最大

既報のとおり、今年3月のジュネーブショーでデビューした「プジョー308SW」が、日本上陸を果たす。

「サイドに刻まれた明確なウエストライン、リアクォーターガラスの独特な形状とルーフバーが、シャープでダイナミックなスタイリングを表現した」(リリース)というデザインは、先行デビューした「207SW」を彷彿とさせるもの。
4515×1820×1560mmのボディサイズ(日本仕様)は、ハッチバックの「308」より200mmロング。ホイールベースも2710mmと100mm長くなっている。

インテリアは、“2+3+2”フォーメーションの3列7座。シートは2列目&3列目を外す大技も含め多彩なアレンジができ、天井にはプジョー史上最大の面積だという「パノラミックグラスルーフ」が広がる。
ハッチバックシリーズでもおなじみの「パフュームディフューザー」も装備。乗員は陽光と芳香に包まれつつ、7エアバッグやESPといった安全装備にも守られる。

■グレードは2種類

日本に導入されるモデルバリエーションは、ファブリック仕立ての「Premium」(プレミアム)とブラックレザー内装など上級装備を与えられた「Griffe」(グリフ)の2種類。
パワーユニットはともにPSAプジョーシトロエングループとBMWが共同開発した1.6リッター直噴ターボユニット(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)で、4段ATが組み合わされる。

価格は「プレミアム」が339.0万円、「グリフ」が50.0万円高の389.0万円。どちらも右ハンドルのみとなっている。

(webCG 関)

「プジョー308SW」
「プジョー308SW」
308SWのインテリア。シートを外して荷室を拡大できる。(写真は欧州仕様車)
308SWのインテリア。シートを外して荷室を拡大できる。(写真は欧州仕様車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る