7人乗れるプジョー308「SW」が日本デビュー

2008.09.04 自動車ニュース

7人乗れるプジョー308「SW」が日本デビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミドルクラスの「308」シリーズに7人乗り3列シートのミニバンモデル「SW」を追加設定。2008年9月8日に発売する。

■グラスルーフは史上最大

既報のとおり、今年3月のジュネーブショーでデビューした「プジョー308SW」が、日本上陸を果たす。

「サイドに刻まれた明確なウエストライン、リアクォーターガラスの独特な形状とルーフバーが、シャープでダイナミックなスタイリングを表現した」(リリース)というデザインは、先行デビューした「207SW」を彷彿とさせるもの。
4515×1820×1560mmのボディサイズ(日本仕様)は、ハッチバックの「308」より200mmロング。ホイールベースも2710mmと100mm長くなっている。

インテリアは、“2+3+2”フォーメーションの3列7座。シートは2列目&3列目を外す大技も含め多彩なアレンジができ、天井にはプジョー史上最大の面積だという「パノラミックグラスルーフ」が広がる。
ハッチバックシリーズでもおなじみの「パフュームディフューザー」も装備。乗員は陽光と芳香に包まれつつ、7エアバッグやESPといった安全装備にも守られる。

■グレードは2種類

日本に導入されるモデルバリエーションは、ファブリック仕立ての「Premium」(プレミアム)とブラックレザー内装など上級装備を与えられた「Griffe」(グリフ)の2種類。
パワーユニットはともにPSAプジョーシトロエングループとBMWが共同開発した1.6リッター直噴ターボユニット(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)で、4段ATが組み合わされる。

価格は「プレミアム」が339.0万円、「グリフ」が50.0万円高の389.0万円。どちらも右ハンドルのみとなっている。

(webCG 関)

「プジョー308SW」
「プジョー308SW」
308SWのインテリア。シートを外して荷室を拡大できる。(写真は欧州仕様車)
308SWのインテリア。シートを外して荷室を拡大できる。(写真は欧州仕様車)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る