7人乗れるプジョー308「SW」が日本デビュー

2008.09.04 自動車ニュース

7人乗れるプジョー308「SW」が日本デビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミドルクラスの「308」シリーズに7人乗り3列シートのミニバンモデル「SW」を追加設定。2008年9月8日に発売する。

■グラスルーフは史上最大

既報のとおり、今年3月のジュネーブショーでデビューした「プジョー308SW」が、日本上陸を果たす。

「サイドに刻まれた明確なウエストライン、リアクォーターガラスの独特な形状とルーフバーが、シャープでダイナミックなスタイリングを表現した」(リリース)というデザインは、先行デビューした「207SW」を彷彿とさせるもの。
4515×1820×1560mmのボディサイズ(日本仕様)は、ハッチバックの「308」より200mmロング。ホイールベースも2710mmと100mm長くなっている。

インテリアは、“2+3+2”フォーメーションの3列7座。シートは2列目&3列目を外す大技も含め多彩なアレンジができ、天井にはプジョー史上最大の面積だという「パノラミックグラスルーフ」が広がる。
ハッチバックシリーズでもおなじみの「パフュームディフューザー」も装備。乗員は陽光と芳香に包まれつつ、7エアバッグやESPといった安全装備にも守られる。

■グレードは2種類

日本に導入されるモデルバリエーションは、ファブリック仕立ての「Premium」(プレミアム)とブラックレザー内装など上級装備を与えられた「Griffe」(グリフ)の2種類。
パワーユニットはともにPSAプジョーシトロエングループとBMWが共同開発した1.6リッター直噴ターボユニット(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)で、4段ATが組み合わされる。

価格は「プレミアム」が339.0万円、「グリフ」が50.0万円高の389.0万円。どちらも右ハンドルのみとなっている。

(webCG 関)

「プジョー308SW」
「プジョー308SW」
308SWのインテリア。シートを外して荷室を拡大できる。(写真は欧州仕様車)
308SWのインテリア。シートを外して荷室を拡大できる。(写真は欧州仕様車)

関連キーワード:
308プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る