「シビック」「シビック・ハイブリッド」マイチェンでよりスポーティに

2008.09.04 自動車ニュース

「シビック」「シビック・ハイブリッド」マイチェンでよりスポーティに

本田技研工業は、「シビック」「シビック・ハイブリッド」をマイナーチェンジし、2008年9月4日に発売した。同時にスポーツモデル「シビック・タイプR」も一部改良した。

今回の改良点は、外観の意匠変更のほか、装備の追加など。
共通項目は、ファブリックシートの質を見直したこと。さらにフロントグリル、フロントバンパーを新デザインとし、新形状のリアコンビネーションランプを装着するなど、力強くスポーティな印象にしたという。

シビック・ハイブリッドの最上級グレード「MXST」には、Honda HDDナビゲーションシステムやHondaスマートキーシステム、高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドアのみ)などの快適装備に加え、アルカンターラインテリアが標準装備となった。
また「MX」には、専用オプションの「スタイリッシュパッケージ」を新設定。ハーフシェイド・フロントウィンドウや高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドアのみ)、アルカンターラインテリアなどがセットで装備される。

シビック「1.8GL」「2.0GL」には、スポーティな装備を充実させた「Sパッケージ」を新設定。ハイブリッドに設定される「スタイリッシュパッケージ」の装備に加え、トランクスポイラーが備わるほか、アルミホイールが専用デザインとなる。

スポーツモデルの「タイプR」は、電動格納式リモコンカラードドアミラーを標準装備し、リアコンビネーションランプの形状を新しくした。ボディカラーは、新色のクリスタルブラック・パール、プレミアムディープバイオレット・パール、プレミアムホワイト・パールを加え、全5色を用意する。

価格は、シビックが193万7250円から225万7500円、シビック・ハイブリッドは228万9000円から285万6000円、シビック・タイプRは、283万5000円。

(webCG ワタナベ)

「シビック・ハイブリッド MX」スタイリッシュパッケージ装着車
「シビック・ハイブリッド MX」スタイリッシュパッケージ装着車
「シビック・ハイブリッド MXST」のインパネ 。
「シビック・ハイブリッド MXST」のインパネ 。
「シビック 1.8GL」
「シビック 1.8GL」
「シビック 2.0GL」Sパッケージ装着車(アルカンターラインテリア)
「シビック 2.0GL」Sパッケージ装着車(アルカンターラインテリア)
「シビック・タイプR」
「シビック・タイプR」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る