「シビック」「シビック・ハイブリッド」マイチェンでよりスポーティに

2008.09.04 自動車ニュース

「シビック」「シビック・ハイブリッド」マイチェンでよりスポーティに

本田技研工業は、「シビック」「シビック・ハイブリッド」をマイナーチェンジし、2008年9月4日に発売した。同時にスポーツモデル「シビック・タイプR」も一部改良した。

今回の改良点は、外観の意匠変更のほか、装備の追加など。
共通項目は、ファブリックシートの質を見直したこと。さらにフロントグリル、フロントバンパーを新デザインとし、新形状のリアコンビネーションランプを装着するなど、力強くスポーティな印象にしたという。

シビック・ハイブリッドの最上級グレード「MXST」には、Honda HDDナビゲーションシステムやHondaスマートキーシステム、高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドアのみ)などの快適装備に加え、アルカンターラインテリアが標準装備となった。
また「MX」には、専用オプションの「スタイリッシュパッケージ」を新設定。ハーフシェイド・フロントウィンドウや高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドアのみ)、アルカンターラインテリアなどがセットで装備される。

シビック「1.8GL」「2.0GL」には、スポーティな装備を充実させた「Sパッケージ」を新設定。ハイブリッドに設定される「スタイリッシュパッケージ」の装備に加え、トランクスポイラーが備わるほか、アルミホイールが専用デザインとなる。

スポーツモデルの「タイプR」は、電動格納式リモコンカラードドアミラーを標準装備し、リアコンビネーションランプの形状を新しくした。ボディカラーは、新色のクリスタルブラック・パール、プレミアムディープバイオレット・パール、プレミアムホワイト・パールを加え、全5色を用意する。

価格は、シビックが193万7250円から225万7500円、シビック・ハイブリッドは228万9000円から285万6000円、シビック・タイプRは、283万5000円。

(webCG ワタナベ)

「シビック・ハイブリッド MX」スタイリッシュパッケージ装着車
「シビック・ハイブリッド MX」スタイリッシュパッケージ装着車
「シビック・ハイブリッド MXST」のインパネ 。
「シビック・ハイブリッド MXST」のインパネ 。
「シビック 1.8GL」
「シビック 1.8GL」
「シビック 2.0GL」Sパッケージ装着車(アルカンターラインテリア)
「シビック 2.0GL」Sパッケージ装着車(アルカンターラインテリア)
「シビック・タイプR」
「シビック・タイプR」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る