「トヨタ・アリオン」にスタイリッシュな特別仕様車

2008.09.02 自動車ニュース

「トヨタ・アリオン」にスタイリッシュな特別仕様車

トヨタは、ミディアムセダン「アリオン」に特別仕様車「A15“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」と「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」を設定し、2008年9月2日に発売した。

ベースとなるのは、カラーバックモニターや、オプティトロンメーターなどが装備される1.5リッターの「A15“Gパッケージ”」と、1.8リッターの「A18“Gパッケージ”」。

フロントグリルに専用グレーメタリック加飾を施したほか、専用ドアスカッフプレートやディスチャージヘッドランプを追加装備。1.5リッターモデルには、フロントフォグランプが備わる。
インテリアでは、本革巻き・木目調ステアリングや本革巻きシフトノブなどが装備される。

ボディカラーは、特別仕様車専用のグレーメタリックを含む全4色を設定。
価格は、 「A15“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」は、ベース車より3万1500円高い185万8500円(FF)、「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」は2万1000円高で202万6500円/223万6500円(FF/4WD)となる。

(webCG ワタナベ)

「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション
「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション

関連キーワード:
アリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開 2017.10.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)において、2018年の年央に発売予定の新型「センチュリー」を初披露すると発表した。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、「クラウン コンセプト」を初公開 2017.10.4 自動車ニュース
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース