「トヨタ・アリオン」にスタイリッシュな特別仕様車

2008.09.02 自動車ニュース

「トヨタ・アリオン」にスタイリッシュな特別仕様車

トヨタは、ミディアムセダン「アリオン」に特別仕様車「A15“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」と「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」を設定し、2008年9月2日に発売した。

ベースとなるのは、カラーバックモニターや、オプティトロンメーターなどが装備される1.5リッターの「A15“Gパッケージ”」と、1.8リッターの「A18“Gパッケージ”」。

フロントグリルに専用グレーメタリック加飾を施したほか、専用ドアスカッフプレートやディスチャージヘッドランプを追加装備。1.5リッターモデルには、フロントフォグランプが備わる。
インテリアでは、本革巻き・木目調ステアリングや本革巻きシフトノブなどが装備される。

ボディカラーは、特別仕様車専用のグレーメタリックを含む全4色を設定。
価格は、 「A15“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」は、ベース車より3万1500円高い185万8500円(FF)、「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」は2万1000円高で202万6500円/223万6500円(FF/4WD)となる。

(webCG ワタナベ)

「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション
「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る