アウディTTの高性能版「TTS」デビュー

2008.09.02 自動車ニュース
 
アウディTTの高性能版「TTS」デビュー

アウディTTの高性能版「TTS」デビュー

アウディ・ジャパンは、アウディ「TT」の高性能バージョン「TTS」を発表。2008年9月2日に販売を開始した。

アウディ・ジャパンのドミニク・ベッシュ社長とTTSクーペ。
アウディ・ジャパンのドミニク・ベッシュ社長とTTSクーペ。
 
アウディTTの高性能版「TTS」デビューの画像
 
アウディTTの高性能版「TTS」デビューの画像

■内外装の特別感をアップ

アウディTTベースの高性能バージョン「TTS」が日本に上陸した。TTSは専用の内外装パーツや高出力エンジンにより、TTのプレミアム性をさらに高めたフラッグシップモデルだ。

デザインは、基本的にTTクーペのそれを踏襲するが、ボディを取り巻くエアロパーツや足まわり系がごっそり交換されている。エクステリアにおける専用パーツは、ベース車より目が粗いフロントグリルや専用形状となるフロントバンパー、18インチホイール、サイドシル、リアディフューザー、エキゾーストマフラーなど。

内装には、アルカンターラと本革を組み合わせたシルバーステッチ入りのスポーツシートが標準装備され、このほかTTSならではのアイテムとして、サーキット走行用ラップタイムカウンターや、グレーのスピードメーター&タコメーターが装備される。

このたび日本に上陸したのは、クローズドボディ、左ハンドル仕様の「TTSクーペ」。搭載エンジンは、パワーが272psまで高められた2リッター直噴ターボ。これに6段SトロニックATが組み合わされる。

価格は、675万円。

 
アウディTTの高性能版「TTS」デビューの画像
 
アウディTTの高性能版「TTS」デビューの画像
 
アウディTTの高性能版「TTS」デビューの画像

■アウディ史上もっともパワフルな4気筒

エンジンは、既存のTTシリーズに搭載されている「2.0TFSI」をベースに、カムプロファイルの変更のほか、専用のターボチャージャーや冷却効率の高いアルミ製インタークーラーを備えたスペシャルユニット。スペックは、最高出力272ps、最大トルク35.7kgmを発生。ベースユニットと比べ、パワーで72ps、トルクで7.2kgmの大幅な向上を果たしており、4気筒シリーズではアウディ史上もっともパワフルな数値を叩き出す。

そのいっぽうで、このエンジンは最大トルクを2500rpmから5000rpmにかけて発生し続けることからもわかるように、ピークパワーだけでなく、実用性も同時に追求されている。もちろん、出力アップに伴いピストンピン、リング、コネクティングロッドなど負荷がかかりやすい構成パーツには補強を施すなどの対策が講じられている。

公表データによると、0-100km/h加速は5.2秒、最高速は250km/h(リミッター制御)だ。

サスペンションは、磁気流体を使い、減衰力を適宜最適化する「マグネティックライド・サスペンション」が標準装備される。クワトロシステムは、フロント〜リア間へのトルク配分速度を早めるプレッシャーリザーバーを採用するなどの専用チューニングが施される。

また、ESPがスポーツモード付きの2ステージタイプに変更されていたり、ステアリングのパワーアシスト量がTTS専用にセッティングされたりするなど、走りに直結する部分は、全面的に手が入っている。

TTクーペ 2.0TFSIクワトロ
アウディTTの高性能版「TTS」デビュー

■TTシリーズに2リッターターボ+クワトロ仕様が追加

TTSの追加を機に、ベースとなったTTシリーズにも一部改良が加えられた。最大のトピックは、2リッターターボ搭載のクワトロモデル「TTクーペ 2.0TFSIクワトロ」が追加されたこと。また、FF仕様の「TTクーペ 2.0TFSI」については、装備を一部簡素化することで、低価格化が図られた。TTシリーズの新ラインナップ&価格は、以下のとおり。

TTクーペ 2.0TFSI:439.0万円
TTクーペ 2.0TFSIクワトロ:499万円
TTクーペ 3.2クワトロ:589万円
TTSクーペ:675万円
TTロードスター 2.0TFSI :489万円


(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
ホームへ戻る