【スペック】全長×全幅×全高=4885×1985×1690mm/ホイールベース=2935mm/車重=2450kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボインタークーラー付き(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=851万円(テスト車=943万8000円)

BMW X6 xDrive35i(4WD/6AT)【試乗記】

見かけによらない 2008.09.01 試乗記 BMW X6 xDrive35i(4WD/6AT)
……943万8000円

“新しいコンセプトのクーペ”を標榜する「BMW X6」がデビュー。特徴的なデザインに包まれたその新しさを、3リッター直6モデルで探った。

とにかく目立つ新デザイン

「BMW X6」はSUV本来の姿を追求したモデルだ。スポーツユーティリティ車であるから、いさぎよく2シーターでもよかったのだろうが、そこまで割り切るには至らず。まずは4ドアクーペとスタイリングで魅了し、実用性も適度にカバーしつつパーソナルユースに適した性格を強めている。

クーペ特有のなだらかなルーフラインは、下からの目線に対してより優雅なシルエットを映し出す。車高の高いSUVともなれば、立ったままの自然な目線から眺めてもそれが強調される。
そして、より遠くからでも目立つことになる。とにかく街を走っていて恥ずかしいくらいの視線を浴びる。自己主張が強く目立ちたがり屋の多い、アメリカ市場で大ウケすることは間違いないだろう。これぞ商品企画の冥利につきる。(ヤッタね!)

パッと見ると(特に後ろから見ると)、巨大なサイズを感じるものの、中に入って運転してみるとさほど大きく感じない取りまわしのよさがある。
「xDrive35i」は直噴ガソリンターボで、直列6気筒3リッターから306psと40.6kgmを発生。6段ATを介して2250kgの重量級ボディを最高速度240km/hまで引っ張り、EUモードで9.2km/リッターの好燃費もマークする。都内発で箱根に向かった実用燃費でも、ドラコンの数値は5.0km/リッターを割らなかったから、満タン85リッターの燃料タンクをもってすれば、400kmは無給油で走れることになる。

小さな不満は、Mモードで走っていると停止後2速発進になってしまうこと。Dならばまだしも、せっかくシフトを楽しんでいる最中で2速発進は解せない。Mにしてあっても、レブリミット付近ではシフトアップしてエンジンをもちろん保護するし、逆に負荷が増してくれば自動的にギアは下位のポジションに落ちる。うがった見方をするならば、1速と2速のレシオが開き気味だから、加速の落差を感じさせないためとも受け取れるが、シフトショックは少なく繋がりはスムーズだし、1速でも50km/hあたりまでカバーできるほどエンジン回転には余裕もある。

全体の加速性能に不満はない。厳しい見方をしたところでV8モデルとの差は発進時、スッと出る瞬間だけであろう。ただ、ブーンとエンジン音が高まってから出るトルコンスリップはBMWに似合わないと思うが……

ルーフラインが特徴的な「X6」。クーペとSUVを融合させたデザインで「SAC」(スポーツ・アクティビティ・クーペ)を名乗る。
ルーフラインが特徴的な「X6」。クーペとSUVを融合させたデザインで「SAC」(スポーツ・アクティビティ・クーペ)を名乗る。
X6には写真の3リッター直6ユニットのほか、407psの4.4リッターV8ユニットもラインナップする。
X6には写真の3リッター直6ユニットのほか、407psの4.4リッターV8ユニットもラインナップする。
iDriveナビゲーションが標準となるX6のインテリア。シートは本革製で、うち前席はシートヒーター付き。
iDriveナビゲーションが標準となるX6のインテリア。シートは本革製で、うち前席はシートヒーター付き。
関連記事
  • 新型「BMW X6」を写真で紹介 2014.6.10 画像・写真 BMWのクロスオーバーモデル「X6」が2代目に。新型の姿を写真で紹介する。
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。
  • BMW X6 M (4WD/6AT)【試乗記】 2009.12.2 試乗記 BMW X6 M (4WD/6AT)
    ……1524万1000円

    「BMW X6」に新しく追加された「Mモデル」。555psのド級パワーを誇る、ハイパフォーマンスSUVの走りを試す。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る