「トヨタ・ヴァンガード」一部改良でFFモデルを新設定

2008.08.28 自動車ニュース

「トヨタ・ヴァンガード」一部改良でFFモデルを新設定

トヨタ自動車は、SUV「ヴァンガード」にFFモデルを新設定するとともに、一部改良を施し、2008年8月19日に発売した。

今回追加されたFFモデルは、2.4リッターモデルに新ラインナップ。10・15モードの走行燃費は、13.0km/リッターを実現。「平成22年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得し、低燃費と高い環境性能を両立したという。

その他の変更点は、内装色に、グレーメタリック調加飾を組み合わせたダークグレーを新採用したほか、従来の内装色をサンドベージュに変更し、全2色設定とした。ボディカラーは、新色のダークバイオレットマイカメタリック、グレーメタリック、ベージュメタリックを追加し全8色となった。
また全車、運転席・助手席にアクティブヘッドレストを標準装備し、安全性を高めた。

価格は、2.4リッターモデルが244万1250円から294万5250円、3.5リッターモデルは306万750円から335万円4750円。なお、2.4リッターのFFモデルは、4WDより21.0万円安い設定となっている。

(webCG ワタナベ)


「トヨタ・ヴァンガード」一部改良でFFモデルを新設定の画像

「トヨタ・ヴァンガード」一部改良でFFモデルを新設定の画像

「トヨタ・ヴァンガード」一部改良でFFモデルを新設定の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る