『webCG』より新年のごあいさつ

2012.01.01 自動車ニュース

『webCG』より新年のごあいさつ

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

いつも『webCG』を支えてくださるすべての方とともに、素晴らしい一年の始まりをお祝いしたいと思います。また、昨年3月の東日本大震災において被害に遭われた皆様には、あらためて心からお見舞い申し上げます。

自動車業界にとっても2011年は、まさに激動と混乱の年でした。東北地方の被災、タイの大規模水害などは国内の自動車メーカーを直撃し、生産・販売の計画にも大きな狂いをもたらしました。国内では自粛ムードが続く中、ドイツ・韓国メーカーの好調さが目についた一年でもありました。そして年末には、24年ぶりに都内に会場を移して東京モーターショーが開催。「トヨタ86」「スバルBRZ」などの高い人気もあって前回比37%の集客増という結果を残しました。

そして2012年も多くの魅力的なニューモデルがデビューを予定しています。トヨタの新型HV「アクア」が街を走り始め、「86」「BRZ」も正式に発売。新型「ポルシェ911」やフォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」も上陸します。走行性能と環境性能は、さらに高いレベルでの両立が果たされていくでしょう。

私ども『webCG』スタッフ一同は、これからも日々もたらされる情報を迅速にお伝えするとともに、多彩な記事でクルマの世界を提供し続けてまいります。どうぞ変わらぬご支援のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、皆様方のご多幸とますますのご発展を心からお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

(2012年 元旦/webCGスタッフ一同)

『webCG』より新年のごあいさつの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。