「三菱アウトランダー」一部改良で2WD登場

2008.08.28 自動車ニュース

「三菱アウトランダー」一部改良で2WD登場

三菱自動車は、アウトランダーに一部改良を施し、2008年8月28日に販売を開始した。

■2.4リッター・2WDは、230万円以下を切るモデルも

今回の改良では、外観デザインが一部変更を受けるとともに、グレード体系が見直された。

3リッターV6エンジン搭載の「30M」「30G」には、外観のアクセントとしてサイドウインドウの周囲とテールゲートの一部にメッキ加工が施され、質感向上が図られた。

2.4リッターモデル(「RODEST 24G」を除く)は、ドア下部のサイドガーニッシュの大型化により、見栄えの向上を図るとともに、オフロード走行時にドアやリアフェンダーへの石跳ねを低減した。

また、「24M」「24G」「RODEST 24G」の3モデルには、価格を抑えた2WDモデルが追加されたほか、「24MS」と「30MS」は5人乗り仕様が廃され、7人乗りのみの設定となった。

価格は、2.4リッターモデルが237万3000円から288万7500円。3リッターV6モデルは271万9500円から311万8500円。

(webCG 曽宮)

三菱アウトランダー
三菱アウトランダー
「三菱アウトランダー」一部改良で2WD登場の画像
「三菱アウトランダー」一部改良で2WD登場の画像
「三菱アウトランダー」一部改良で2WD登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る